NewsNewsみんなの障がいニュース

みんなの障がいニュースは、最新の障がいに関する話題や時事ニュースを、
コラム形式でわかりやすくお届けします。

小学生が障がい者の声を聴き「防災かるた」を作成 地域全体の防災意識を変える

盛岡市立見前南小学校の児童たちは、災害時における包括的な助け合いの方法を考え、それを「かるた」の形式で発表しました。 この取り組みは、過去1年間にわたって行われてきた活動の一環であり、学校は高齢者や障がい者の声を直接聞き、バリアフリーな避難所の必要性を検証し、障がいのある人々の避難行動について深く考えてきました。   地域社会全体が災害時にどのように対応するべきか この取り組みは、児童たちに対して単なる防災教育以上のものを提供しました。彼らは協力し合い、地域社会全体が災害時にどのように対応するべきかを考えることで、より広い視野を持つことができました。 さらに、高齢者や障がい者の声を直接聞くことで、彼らの実際のニーズや困難に対する理解が深まりました。これにより、より包括的で配慮のある避難計画や救援活動が実現できるようになりました。   自分たちで考えることが重要 このかるたの発表会は、単なる発表の場にとどまらず、児童たちが実際に避難行動を考え、実践する機会となりました。彼らは自身のアイデアを実際のシナリオに適用し、その有効性を確認することができました。 このプロセスは、彼らにとって抽象的な概念を実際の行動に結びつける重要な学びの機会となりました。   地域の意識改革にもつながる さらに、この活動は地域社会全体に良い影響を与えました。児童たちの取り組みは、地域の防災意識を高め、災害時における助け合いの文化を育んでいます。 地域の住民は、児童たちから学び、彼らのアイデアや行動を通じて自らの防災計画を改善することができます。その結果、より安全で包括的な地域社会が形成されるでしょう。   行動指針も盛り込まれた内容 児童たちが心をこめて作り上げた「みんなで助かるために必要なこと」、その中には、「津波速報、耳が聞こえない人は津波に気付かない」という、命を守る上で極めて重要なメッセージが含まれていました。 このかるたは、単なる遊びではなく、災害時の緊急事態における行動指針を提供するものであり、児童たちはその発表を通じて、目や耳に障がいがある人が避難する際に生じるであろう困難を具体的に想像し、その解決策を熟考しました。   「先入観なく声をかけたり助けたりが気軽にできるように」 この発表会では、視覚障がいのある金濱朋美さんも登壇しました。彼女は自らの経験を踏まえ、「いろいろな状態の人に会った時にも先入観なく声をかけたり助けたりが気軽にできるようになって欲しい」と訴えました。 この言葉には、社会全体が異なる能力や状態を持つ人々に対して理解を深め、支援することの重要性が込められています。金濱朋美さんのメッセージは、児童たちにとって強力な啓発となり、彼らが将来、誰もが平等に支援を受けられる社会を築くための一助となるでしょう。   社会の一員としての責任を果たす機会 この発表会は、単なるイベント以上のものでした。それは、児童たちが自らの考えを発信し、社会の一員としての責任を果たす機会でもありました。 彼らは自身のアイデアや価値観を広く共有し、地域社会全体にポジティブな影響を与えました。このような経験を通じて、彼らは単なる学習以上のものを得ることができ、将来のリーダーシップや社会貢献に向けて一歩前進することができたのです。   地域全体の安全性 児童たちの取り組みは、地域の防災意識を高め、災害時における助け合いの文化を育んでいます。彼らの積極的な行動は、地域の住民に新たな視点をもたらし、災害に備えた準備や対応策を見直すきっかけとなりました。 地域の住民は、児童たちの取り組みから多くを学びました。彼らのアイデアや行動は、地域社会における防災計画や緊急対応の改善に役立ちました。 児童たちが提案した具体的な対策やアイデアは、地域の住民にとって有益な示唆を与え、それが地域全体の安全性や包括性を高める一助となりました。   地域全体の協力 さらに、児童たちの取り組みは地域社会における助け合いの文化を育んでいます。彼らの行動は、単なる個人の努力だけでなく、地域全体が協力し合い、困難な状況に立ち向かう姿勢を醸成しました。 地域の住民は、児童たちの活動を通じて、互いに支え合い、共に困難を乗り越えることの重要性を再認識しました。   災害時における迅速で効果的な対応 このような助け合いの文化の育成は、地域社会全体の結束を強め、災害時における迅速で効果的な対応を可能にします。地域の住民がお互いに協力し、予防策や避難計画を共有し合うことで、より安全で包括的な地域社会が形成されるでしょう。 児童たちの活動が、地域全体の防災意識の向上と、助け合いの文化の根付きに貢献したことは間違いありません。   障がい者の避難、災害時の困難を考える 障がい者の災害時の避難は、その身体的な制約やアクセスの問題に直面することが課題となります。例えば、車椅子を利用する人や身体的な移動が困難な人は、急な階段や狭い通路など、一般的な避難経路を利用することが難しい場合があります。 さらに、避難所や避難施設がバリアフリーでない場合、彼らの移動や生活がますます困難になります。   障がい者が避難時に直面する困難 このような制約に加えて、障がい者が避難時に直面する困難はさらに複雑です。例えば、視覚障がいを持つ人が避難経路を見つけることが難しい場合や、聴覚障がいを持つ人が災害情報を正しく理解することが難しい場合があります。 また、自閉症スペクトラム障がいを持つ人が、避難所での混雑や刺激の過多によって不安を感じることも考えられます。   医療や介護、特定の医療機器の必要性 障がい者の特別なニーズや要求も考慮される必要があります。例えば、医療や介護、特定の医療機器の必要性などが挙げられます。 これらのニーズに対応するためには、適切な支援やサービスが提供される必要がありますが、現実には災害時にこれらの支援が不足していることが少なくありません。   身体的な制約やアクセスの問題だけではない 障がい者が災害時に避難する際には、身体的な制約やアクセスの問題だけでなく、様々な困難に直面する可能性があります。 このような問題を解決するためには、政府や地域社会が包括的な支援策を講じる必要があります。障がい者の安全と福祉を守るために、社会全体が協力し、バリアフリーな避難施設や適切な支援体制の整備が求められています。 災害時の避難計画 障がいを持つ人々の特別なニーズや要求を考慮することは、災害時の避難計画において極めて重要です。彼らが安全かつ健康的な状態で避難できるよう、適切なサポートが提供される必要があります。 たとえば、医療や介護、特定の医療機器の必要性が挙げられます。しかし、現実には災害時にこれらの支援が不足していることが少なくありません。   避難所で適切なサポートが困難 さらに、障がい者が避難所で適切なサポートを受けることも困難な場合があります。避難所では、混雑や資源の不足など、さまざまな問題が発生する可能性があります。 これにより、障がい者が適切な医療や介護を受けることが難しくなり、彼らの健康や安全が脅かされる恐れがあります。 例えば、特定の医療機器や薬品の供給が不十分である場合、彼らの健康状態が悪化する可能性があります。   ストレスや不安が増大 避難所での環境が障がい者にとって適切でない場合、彼らのストレスや不安が増大することも考えられます。 例えば、混雑や騒音、明るい照明などが、自閉症スペクトラム障がいを持つ人や感覚過敏のある人にとってストレスを引き起こす可能性があります。 このような状況下では、彼らの適切なケアや支援が必要ですが、災害時にはそのような配慮が不十分な場合があります。   安全に避難できるよう全員で協力する必要 障がい者が避難所で適切なサポートを受けることが困難である現実は、私たちがより包括的な災害対策を必要としていることを示しています。 政府や地域社会は、障がい者のニーズを適切に理解し、彼らが安全に避難できるようにするための施策を迅速に導入する必要があります。 また、一般市民も、障がい者を支援し、彼らが避難する際に手助けをすることが重要です。障がい者が安全かつ健康的な状態で避難できるようにするために、私たち全員が協力することが不可欠です。   避難所での適切な支援体制の構築 障がい者の避難が困難であるという現実は、私たちがより包括的な災害対策を必要としていることを示しています。 政府や地域社会は、障がい者のニーズを適切に理解し、彼らが安全に避難できるようにするための施策を迅速に導入する必要があります。 バリアフリーな避難所や避難施設の整備、障がい者向けの避難計画の策定、避難所での適切な支援体制の構築などが必要です。また、一般市民も、障がい者を支援し、彼らが避難する際に手助けをすることが重要です。   まとめ 障がい者が安全かつ健康的な状態で避難できるようにするために、私たち全員が協力することが不可欠です。そのためには、災害時の訓練や意識啓発活動を通じて、障がい者支援の重要性を広く啓発することも必要です。 このような取り組みが、障がい者が災害時に十分な支援を受け、安全に避難できる社会の実現に向けて重要な一歩となるでしょう。   参考 障がいのある人も無事避難を 盛岡市の小学生が「防災かるた」発表(IBC岩手放送)#Yahooニュース

小学校のトイレなぜ洋式化が進まない?:衛生面とバリアフリーの観点から見る学校のトイレ問題

半数以上が和式 4月の小学校入学まであと約1か月です。この時期になると毎年注目されるのが、学校のトイレ問題です。全国の公立小中学校の約32%が現在も和式トイレを残しており、地域によっては半数以上が和式であると報告されています。   和式トイレが無い 保護者からは和式トイレの練習をさせる際に、「和式トイレの確保が本当に困ります」「周囲に和式トイレがなくて練習させるのが困難です」といった声が寄せられています。 一方、「洋式は衛生的でないかもしれません」「和式は子供の健康に良いと聞いたことがあります」「改修にはそれなりの費用がかかるでしょう」と、和式を支持する意見もあります。 ただし、普段から洋式トイレに慣れている子供たちにとって、学校で和式トイレを利用することが難しい場合もあります。では、全ての学校を洋式トイレにするべきでしょうか。 専門家や小児科医、前明石市長の泉房穂氏とともにこの問題を考えました。   予算と優先順位 学校のトイレを洋式化する取り組みは、自治体にとって大きな挑戦です。その中でも、最も大きなハードルは、改修に必要な莫大な費用です。 洋式トイレの設置や既存の和式トイレを洋式に改修するには、高額な予算が必要とされます。特に公立の小中学校では、数多くの施設が存在し、それら全てを洋式に改修することは容易ではありません。 これには、トイレの設備そのものだけでなく、配管や排水などのインフラ整備も含まれます。そのため、費用面の問題が、洋式化を進める上で最も大きな障害となっています。   維持管理費や将来の修繕費 洋式化には、設備や工事費だけでなく、維持管理費や将来の修繕費なども含まれます。これらの費用を負担するためには、地方自治体や学校教育委員会が十分な予算を計上する必要があります。しかしながら、予算の限られた状況下で、トイレの洋式化に必要な費用を捻出することは容易ではありません。そのため、計画の実行には慎重な財政計画と効果的な予算配分が求められます。   施設の老朽化 また、費用だけでなく、洋式化に伴う影響や課題も考慮する必要があります。例えば、改修工事中に授業や学校生活に支障をきたす可能性があります。さらに、施設の老朽化や地域の特性に応じた調査や設計が必要となります。これらの要因を考慮すると、洋式化の実施には時間と労力が必要であり、費用だけでなく様々な面での課題が存在することが分かります。   児童や生徒が安心して利用できるように 学校のトイレを改修する際には、「5K」問題が顕在化します。この「5K」とは、「汚い」、「臭い」、「暗い」、「怖い」、「壊れている」を指し、利用者のトイレ体験に大きな影響を与える要素です。特に学校のトイレは、児童や生徒が安心して利用できるようにする必要があります。しかし、これらの問題が解決されない限り、利用者の満足度を高めることは難しいでしょう。 例えば、「汚い」トイレでは衛生面に対する不安が生じ、利用者がトイレを避ける可能性があります。「臭い」トイレでは、不快な臭いが周囲に広がり、利用者のストレスを増大させます。また、「暗い」トイレや「怖い」トイレでは、安全やプライバシーへの懸念が生じ、利用者の心理的な負担が増加します。「壊れている」トイレでは、トイレの機能性が損なわれ、利用者の利便性が著しく低下します。   清潔で快適、安全なトイレ環境が必要 これらの問題を解決するためには、トイレの改修が必要です。清潔で快適、安全なトイレ環境を提供することで、利用者の満足度が向上し、健康促進や学習環境の改善に繋がることが期待されます。したがって、学校のトイレ改修には、これらの「5K」問題を解消することが不可欠です。   感染リスクを高める和式トイレ 感染リスクを考えると、和式便器の菌数が洋式の164倍もあることが明らかになりました。菌を採取して比較した結果、洋式便器周りを1とした場合、和式便器の大腸菌数が圧倒的に多いことが分かりました。この差は驚くべきものであり、和式トイレを残すことが感染リスクを高める可能性があることを示唆しています。   学校全体の感染症の拡大を防ぐ 特に学校などの集団生活が行われる場所では、感染症の予防が重要です。和式トイレの菌数が多いことは、病原菌の増殖や感染のリスクを高める要因となります。このため、衛生環境の向上が求められます。清潔で衛生的なトイレ環境を提供することで、児童や生徒の健康を守るだけでなく、学校全体の感染症の拡大を防ぐことが期待されます。   健康と安全を守り利便性や快適を確保 これらの調査結果から、和式トイレの利用は感染リスクを高める可能性があるという議論が浮上しています。そのため、トイレの改修や洋式トイレへの移行が検討されています。ただし、改修計画を進める際には、費用や利用者のニーズなどを十分に考慮する必要があります。健康と安全を守りつつ、利便性や快適さも確保することが重要です。   和式トイレ、排便のしやすさに関するエビデンス不足 和式と洋式のトイレに関する研究は進行中ですが、排便のしやすさに関するエビデンスや統一の見解はまだ出されていません。一部の人々は、和式トイレが足腰を鍛えると主張していますが、科学的な根拠が不十分です。実際には、個々の利用者によって感じ方や体験が異なるため、一概にどちらが良いとは言えません。身体的な条件や環境への適応性、文化的な側面なども考慮する必要があります。   個人の経験や好みに基づく主張 和式トイレの利点として、正しい姿勢を保ちやすく、膝関節などの運動量が増えるという主張があります。一方で、洋式トイレは座って行うことでリラックスでき、排便しやすいという意見もあります。ただし、これらの主張は個人の経験や好みに基づくものであり、科学的な証明が必要です。将来的には、より包括的な研究が行われ、排便のしやすさに関する明確な結論が得られることが期待されます。   子どもの健康に潜む「小学校1年生の壁」学校トイレと便秘の関係 便秘は、現代社会における一般的な健康問題の一つとなっています。実際、4人に1人が便秘疑いとされるデータもあります。特に子どもたちにとっては、健康な排便習慣を身につけることが重要ですが、学校のトイレ環境がその影響を及ぼすことも少なくありません。   ストレスから便秘が悪化したり、便秘を発症するケース 和式トイレを使ったことがない小学生が学校のトイレで嫌な思いをして、そのストレスから便秘が悪化したり、便秘を発症したりするケースがあります。和式便器を見たことがない子どもたちが多く、トイレトレーニングで便秘症を克服した子が「小学校1年生の壁」と呼ばれる時期で再発するケースもあるのです。   不安やストレスを引き起こす要因 和式トイレは、洋式と比べて排泄姿勢が異なり、慣れていない子どもたちにとっては不安やストレスを引き起こす要因となることがあります。その結果、便秘の悪化や再発といった問題が生じる可能性があるのです。 このような事態を防ぐためには、学校のトイレ環境を改善し、子どもたちが安心して利用できるような環境を整えることが不可欠です。 また、トイレトレーニングや排便に関する正しい知識を子どもたちに提供し、健康な排便習慣を身につける支援も重要です。 子どもたちの健康を守り、安心して学校生活を送るために、トイレ環境の整備と健康教育の充実が求められています。 避難所のトイレ問題:高齢者や子どもたちの健康に影響 避難所でのトイレ問題が高齢者や子どもたちの健康に与える影響は深刻です。最近のアンケートでは、避難所で不便だったことの1位がトイレであることが明らかになりました。特に和式トイレを使えない高齢者が多く、そのため避難所での生活が困難になるケースが増えています。   排便忌避と呼ばれる状態になってしまう この問題は高齢者だけでなく、子どもたちにも影響を与えています。子どもたちがトイレを避ける傾向にあることから、排便忌避と呼ばれる状態が生じます。この排便忌避が続くと、便秘の悪化や他の健康問題が生じる可能性があります。そのため、避難所のトイレ環境の整備は喫緊の課題となっています。   バリアフリートイレの増加 避難所の設備改善の一環として、学校の洋式トイレの増設やバリアフリートイレの増加が提案されています。これにより、高齢者や子どもたちが安心してトイレを利用できる環境が整備されることが期待されます。また、これに加えて、トイレの清潔さや快適さも重視されるべきです。   教育予算の不足 さらに、日本の教育予算の不足もこの問題の背景にあります。教育予算が充実すれば、洋式トイレの整備や教育環境の改善が可能となります。他国並みの比率で予算を確保すれば、トイレ環境の整備だけでなく、少人数学級の実現や奨学金の給付など、様々な施策が実現できるでしょう。 まとめ 世論の高まりがトイレの洋式化につながる可能性もあります。地域の健康と安全を守るために、トイレ環境の整備には政府や地方自治体、市民の協力が不可欠です。これらの取り組みが進むことで、避難所での生活環境が改善され、高齢者や子どもたちの健康が守られることを期待しています。   参考 学校トイレなぜ“和式”残る? 専門家「大腸菌数は洋式の164倍」泉元市長「国が予算をつければできる。エアコンもそうだった」排便しやすい環境どう作る?(ABEMA TIMES)Yahooニュース

シソンヌとMrs. GREEN APPLEのメンバーが発表した突発性難聴とは?

人気お笑いコンビ・シソンヌの長谷川忍さんと、NHK紅白歌合戦に出場したバンド「Mrs. GREEN APPLE」のボーカル大森元貴さんが突発性難聴であることを発表したニュースは、多くのファンや関係者に衝撃を与えました。本記事では突発性難聴の症状や発症の特徴について解説します。   突然の聴覚喪失:突発性難聴の急性症状 突発性難聴は、その名の通り、突然片方の耳(時には両方)が聞こえなくなる疾患です。突然、明け方に目が覚めてみると、昨日まで普通に聞こえていたはずの音が、なぜか聞こえなくなっている―そんな驚くべき状況に直面することがあります。この急性症状は患者に深刻な衝撃を与え、生活の質に大きな影響を及ぼします。   警告音も聞こえなくなるため危険 何の前触れもなく突如として起こるこの症状は、患者やその周囲にとって非常に恐ろしいものです。突然失われた聴覚は、日常生活におけるコミュニケーションや安全に大きな障がいをもたらします。例えば、家族や同僚との会話が困難になり、交通や作業現場などの騒音からの警告音が聞こえなくなることで、危険にさらされる可能性もあります。   心理的な負担 この突発的な聴覚喪失は、患者にとって心理的な負担も大きいです。過去の健康状態から突然の障がいに直面することで、不安や絶望感が増大し、精神的な苦痛を引き起こすことがあります。また、突発性難聴が治療の対象となるまでの間、不確定性と不安定性が続くことで、患者とその家族のストレスはさらに高まります。 このような急性症状に対する早期の適切な対処と情報提供が、患者やその家族の心の支えとなります。医療従事者の的確なケアと、専門的なアドバイスが重要です。   年齢と症状:突発性難聴の発症パターン 突発性難聴は、幅広い年齢層で見られる病気ですが、特に40歳から60歳の世代にその発症が多い傾向があります。この年齢層では、生活スタイルや健康状態の変化が重なり、突発性難聴のリスクが高まる可能性があります。   前兆症状 耳の聴覚が失われる前に、突発性難聴に関連する症状が現れることもあります。そのような前兆症状として、耳が詰まった感じや耳鳴りが挙げられます。これらの症状は、通常、突然の聴覚喪失の数日から数週間前に出現することがあります。患者は耳の中に異常を感じ、耳鳴りや響きが耳に残るような状態になります。また、めまいや吐き気などの内耳の問題に関連する症状も発生する可能性があります。   早めの医療診断が重要 これらの症状は、突発性難聴が発症する前に身体が何らかの異常を示すサインとして機能することがあります。そのため、これらの症状が現れた場合、早めの医療診断が重要です。耳鼻咽喉科の専門家による検査や診断を受けることで、適切な治療や管理が行われる可能性が高まります。   正しい情報やサポート 突発性難聴の症状が発生した場合、患者やその家族は適切な医療ケアを受けることが重要です。これには、耳鼻咽喉科医による定期的なフォローアップや治療プランの確立が含まれます。さらに、患者とその家族には、病気に関する正しい情報やサポートが提供されるべきです。これにより、患者が自身の状況を理解し、適切に対処することができるよう支援されます。 耳の仕組み 耳は外耳、中耳、内耳の3つの部分で構成されています。音は外耳から入り、中耳の鼓膜を振動させます。この振動は耳小骨を通じて内耳の蝸牛に伝わり、そこにあるリンパ液と有毛細胞が電気信号に変換されます。そして、この信号が脳神経を経由して脳に送られ、私たちは音を聞くことができるのです。   障がいによる難聴の複雑性 耳の障がいによる難聴は、様々な要因によって引き起こされます。特に突発性難聴の場合、内耳の蝸牛に障がいが生じることで感音難聴が発生します。この状態では、音を感知して脳に伝える有毛細胞が損傷し、壊れることがあります。これにより、音の信号が十分に処理されず、聴覚が損なわれる可能性が高まります。   原因はまだ完全には解明されていない 原因はまだ完全には解明されていないため、医学界では研究が進行中です。一部の研究では、ウイルス感染や循環障がいが突発性難聴の原因と関連している可能性が示唆されています。しかし、個々の患者によって異なる原因が考えられるため、特定のケースに適した治療法を見つけることが重要です。   発症前にストレスや生活環境の改善 突発性難聴の複雑な性質は、その治療法を見つけることを難しくしています。従来の治療法に加えて、最新の医療技術や研究成果を活用したアプローチが求められています。そのため、耳鼻咽喉科医や研究者は、症状のメカニズムや原因に関する深い理解を深めるために、継続的な努力を行っています。 病気の原因となる要因が複雑であるため、発症前にストレスや生活環境の改善が重要です。ストレスの軽減や健康的な生活習慣の確立は、耳の健康を維持するための重要な手段となります。また、定期的な健康診断や耳の健康管理も重要です。   複雑な原因と予防への取り組み 突発性難聴の症状が発現する前段階で、ストレスや不規則な生活、過労、睡眠不足などの要因が、そのリスクを高めることが多いとされています。現代社会の高いストレスレベルや生活スタイルの変化、そしてテクノロジーの普及による影響などが、この病気の発症に関連していると考えられています。特に、スマートフォンやデジタルデバイスの使用が増加し、これらが睡眠の質を低下させ、交感神経を刺激してストレスを引き起こす可能性があります。また、不規則な生活環境や食生活の乱れは、免疫力の低下や血液循環の悪化につながり、これらが耳の健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。   難聴のリスクを軽減するために このような状況下で、個々の人々は自らの生活環境を見直し、耳の健康を保つための対策を講じる必要があります。適切なストレス管理や睡眠の質の向上、バランスの取れた食事、定期的な運動などが、耳の健康を維持するための基本的な方法です。さらに、耳栓の使用や耳の清潔を保つことも、外部の刺激から耳を保護し、難聴のリスクを軽減する助けとなります。 予防の観点からは、定期的な耳の健康チェックや耳鼻咽喉科の受診も重要です。これにより、早期に問題を発見し、適切な治療や管理を行うことができます。また、環境の変化やライフスタイルの調整が難しい場合でも、意識的なストレス管理や健康習慣の維持が、難聴のリスクを軽減するために役立ちます。   早期受診が肝要 少しでも難聴の症状を感じた場合は、速やかに耳鼻科を受診しましょう。治療の成功には早期の対応が不可欠です。 耳垢の詰まり、加齢に伴う難聴、騒音による難聴、聴神経腫瘍など、難聴の原因はさまざまです。そのため、正確な検査と診断が必要です。   耳鼻科での検査と治療 耳鼻科では、まず耳の状態を確認します。耳垢や中耳炎の有無をチェックし、必要に応じて聴力検査を行います。   聴力検査の重要性 聴力検査で、「感音難聴」と呼ばれる聴覚神経の問題が見つかる場合、突発性難聴の可能性があります。ただし、症状の経過や原因によって診断が異なることもあります。   治療方法 通常、突発性難聴の治療にはステロイド剤や循環改善剤の点滴や内服薬が使用されます。これらの治療法は、症状の改善や完治に向けて効果的なアプローチとされています。   ステロイド療法 ステロイドは、徐々に減量していく漸減療法が一般的です。1〜2週間かけてステロイドの投与量を調整し、症状の進行や患者の状態に合わせて治療を行います。また、一部の施設では、高気圧酸素療法や鼓室内ステロイド剤療法などの特殊な治療法も採用されることがあります。   治療の効果と展望 適切に治療を行った場合、30〜40%の患者が完治し、50%は何らかの改善を示すとされています。しかし、治療が効果を発揮しないケースも存在します。   早期治療の重要性 治療の開始が遅れると、治療の効果に影響を与える可能性があります。そのため、初期の症状が現れたら、早めに耳鼻科を受診し、医師と相談することが重要です。   生活習慣の改善 耳への負担軽減 大音量での音楽鑑賞を控えることや、急激な気圧変化に注意することが大切です。飛行機や列車での移動時など、環境の変化に適応するために耳への負担を最小限に抑えましょう。   ストレス管理 ストレスは難聴の症状を悪化させる可能性があります。リラックスできる環境を作り出すために、読書や音楽鑑賞、アロマセラピーなどの方法を取り入れましょう。また、マインドフルネスやアーシングなどのリラックステクニックも有効です。   食習慣の見直し 食事による栄養補給も重要です。ビタミンCや亜鉛、マグネシウム、ビタミンB群を摂取することで、聴覚や神経の健康をサポートします。特に、牡蠣や豆類、レモンなどの食品を積極的に摂取しましょう。   睡眠環境の整備 良質な睡眠は身体のリフレッシュに不可欠です。暗い部屋で寝ることや、寝室に電子機器を置かないようにすることで、快適な睡眠環境を整えましょう。また、適切な室温の維持も重要です。   運動習慣の取り入れ 適度な運動はストレスを軽減し、体全体の健康を促進します。日常生活に少しの運動を取り入れることで、難聴の症状を和らげることができます。     症状の再発に注意 突発性難聴は通常、同じ耳に再発することはないとされています。しかし、症状が繰り返す場合は、メニエール病や聴神経腫瘍など他の疾患の可能性も考えられるため、医師の診断を受けることが重要です。   突発性難聴の特性 突発性難聴は、通常、同じ耳に再発することはないと言われています。しかし、難聴が繰り返す場合は、他の疾患の可能性があります。メニエール病や聴神経腫瘍などの病気が検討されます。   低音障がい型難聴 急性低音障がい型難聴と呼ばれる疾患も存在します。これは、突発性難聴よりも症状が軽く、主に低音の聴覚に影響を与えます。メニエール病も低音の難聴を引き起こす代表的な疾患の一つです。    症状の自覚 突発性難聴では、ほとんどの患者が難聴や聴力の低下を自覚します。一方、低音障がい型難聴では、症状が自覚しにくい場合があります。耳鳴りや耳の詰まり感などの症状が現れることがありますが、それらは他の病気の可能性も含めて考慮されるべきです。 まとめ 症状が気になる場合は、早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。診断を確定させるためにも、症状を無視せずに専門医の診察を受けることが重要です。   参考 昨日まで聞こえていたのに、急に片方の耳が聞こえなくなった! 多くの芸能人も悩む 「突発性難聴」にならないための5つの生活習慣(集英社オンライン)Yahooニュース

名取裕子さん、パニック障がいと更年期障がいを発症 症状、予防法は?

女優として知られる名取裕子さんは、パニック障がいと更年期障がいを発症したことが明らかにしました。 名取裕子さんはこれまで、その明るい笑顔と多彩な演技で観客を魅了してきました。   突然の強い不安や恐怖感 パニック障がいは、突然の強い不安や恐怖感、心臓の激しい動悸などの症状を引き起こす精神疾患です。更年期障がいは、女性の閉経期に生じるホルモンの変化に伴う症状であり、ホットフラッシュや不眠、情緒不安定などが特徴です。 名取裕子さんは、これらの症状により、日常生活や仕事に支障を来たしていますが、積極的な治療とサポートを受けながら、健康な生活を取り戻すために努力をしているとのことです。   サポートと理解が必要 ファンや支援者からは、名取裕子さんに対する温かいメッセージや励ましの言葉が送られています。彼女の健康と回復を祈りつつ、今後の活動に期待したいと思います。 名取裕子さんのこの健康問題は、多くの人々にとっても重要な議題です。精神的健康と身体的健康の両面でのサポートと理解が必要です。   パニック障がい:恐怖と不安の波に襲われる心の病 パニック障がいは、突然の恐怖や不安が発作的に現れ、日常生活に支障をきたす精神疾患の一つです。この症状は、心臓の激しい動悸、呼吸困難、めまい、吐き気、手足のしびれ、またはふるえなどを伴います。発作中、「自分が死ぬ」「狂気になるかのよう」な恐怖感が強く現れることもあります。   発作は突然に起こる パニック障がいは、発作が突然起こるため、患者はその恐怖に対処することが難しくなります。さらに、これらの症状は身体的な問題を引き起こすことがあり、患者の日常生活や社会生活に大きな影響を与える可能性があります。仕事や学校、社交活動など、日常の様々な場面で発作が起こる可能性があるため、患者は常に不安と恐怖にさらされています。   様々な要因 この症状は、一般的に心身のストレスやトラウマ、遺伝的な要因、または脳内の化学物質の変化など、複数の要因が組み合わさって引き起こされると考えられています。また、他の精神疾患や心理的な問題とも関連している場合があります。   専門家の診断と治療が必要 パニック障がいを持つ人々は、専門家の診断と治療を受けることが重要です。心理療法や薬物療法などの治療法が有効であり、患者が症状を管理し、日常生活を改善するのに役立ちます。また、家族や友人からの理解と支援も、患者の回復や生活の質の向上に不可欠です。   パニック障がいの原因とリスク要因 パニック障がいの原因とリスク要因は、複雑で多岐にわたります。生活のストレスが最も一般的な要因の一つとされています。日常生活での仕事や学業、家庭内の問題、人間関係のトラブルなど、様々なストレスがパニック障がいの発症に関与する可能性があります。また、過去のトラウマやストレスフルな出来事も、後のパニック障がいの発症に影響を与えることがあります。   遺伝的な要因 遺伝的な要因もパニック障がいのリスク要因の一つです。家族歴に精神疾患を持つ人がいる場合、その遺伝子の影響を受けやすくなる可能性があります。遺伝的な傾向は、神経伝達物質や脳の構造に関連しており、個々の感受性や反応に影響を与えると考えられています。   脳内の化学物質の変化 脳内の化学物質の変化もパニック障がいの発症に関連しています。特にセロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質のバランスの乱れが、発作を引き起こす可能性があります。このような化学物質の変化は、脳の興奮性や感情の調節に影響を与えるため、パニック障がいの症状が現れる可能性が高くなります。   環境も要因の一つ 環境もパニック障がいのリスクを増加させる要因の一つです。社会的な孤立や孤独感、過度の責任感、または身体的な健康問題などの環境的な要因が、パニック障がいの発症に寄与することがあります。   これらの要因が組み合わさることで、個々の人がパニック障がいを発症するリスクが高まります。ただし、これらの要因がすべてパニック障がいを引き起こすわけではありません。個々の人の生活状況や遺伝的な傾向に応じて、発症の可能性は異なるため、専門家の診断と治療が重要です。   パニック障がいの治療方法 パニック障がいの治療には、様々なアプローチがあります。まず、心理療法が挙げられます。認知行動療法(CBT)や心理療法は、パニック発作の原因やトリガーを特定し、それらに対処する技術を教えます。また、リラクゼーション法やマインドフルネス瞑想などのストレス管理テクニックも効果的です。   薬物療法 薬物療法も一般的な治療法の一つです。抗不安薬や抗うつ薬が処方されることがありますが、医師が患者の症状や状況を考慮して適切な薬を選択します。薬物療法は症状の緩和に役立ちますが、副作用や依存性にも注意が必要です。   ライフスタイルの改善 さらに、ストレス管理やライフスタイルの改善も重要です。規則正しい睡眠、バランスの取れた食事、適度な運動などが健康的な生活習慣の一部として推奨されます。また、ストレスを軽減するための趣味やリラックスする時間を持つことも大切です。   周囲のサポート 治療の過程で、家族や友人の理解と支援が欠かせません。患者が周囲からのサポートを感じることは、回復の過程で非常に励みになります。家族や友人は、患者の症状や治療について理解し、共に治療を受けることが大切です。   病院で適切な治療を受ける 総合的な治療プランを立てるためには、医師や心理カウンセラーとの協力が不可欠です。患者の症状や状況に合わせて、最適な治療方法を選択し、継続的なサポートを提供していくことが重要です。 更年期障がい:症状 更年期障がいは、女性が中高年に至る過程で経験する身体的および精神的な変化を指します。この期間は、卵巣機能の低下やホルモンの変動によって引き起こされ、さまざまな症状が現れる可能性があります。更年期障がいは、女性の生活や健康に影響を与える重要な時期であり、適切な理解と管理が必要です。更年期障がいの症状や原因、そして管理と治療方法について詳しく探求していきます。   ホットフラッシュとの戦い 更年期障がいの最も一般的な症状の一つがホットフラッシュです。突然の体温上昇や発汗、顔や首の赤みなどが特徴で、日常生活に不快感をもたらすことがあります。   不規則な月経周期 更年期に入ると、月経周期が不規則になることがあります。月経が間隔が開いたり、過度な出血が起こったりすることがあります。   睡眠障がい 更年期障がいは睡眠にも影響を与えることがあります。夜間のホットフラッシュや不安感が睡眠を妨げ、日中の疲労感や集中力の低下を引き起こすことがあります。   情緒不安定 更年期障がいは精神的な側面にも影響を与えることがあります。イライラや不安、うつ症状が現れることがあり、日常生活や人間関係に影響を及ぼすことがあります。   性的機能の変化 更年期に入ると、性的欲求や快楽に変化が生じることがあります。性交痛や性的興奮の低下が起こることがあります。   更年期障がいの原因 更年期障がいは、卵巣機能の低下とエストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンの変動によって引き起こされます。女性の身体は更年期に向けて、これらのホルモンの生産量が減少し、月経の停止や身体的な変化が生じることがあります。また、ストレスや生活習慣の変化、遺伝的な要因なども更年期障がいのリスクを高める要因とされています。   更年期障がいの治療 ホルモン補充療法 ホットフラッシュや月経不順を緩和するために、エストロゲンやプロゲステロンの補充療法が行われることがあります。ただし、HRTにはリスクが伴う場合があり、医師との相談が重要です。   薬物療法 抗うつ薬や抗不安薬などの薬物が、更年期障がいの症状を管理するために使用されることがあります。   生活習慣の改善 健康的な食事、適度な運動、ストレス管理、良質な睡眠などの生活習慣の改善が更年期障がいの管理に役立ちます。   心理療法 認知行動療法(CBT)やリラクセーション法などの心理療法が、更年期障がいの精神的な症状を管理するのに役立ちます。 まとめ パニック障がいと更年期障がい、体と心に様々な変化をもたらす重大な障がいです。適切な管理と治療を受けることで症状を軽減し、健康的な生活を送ることができます。医師や専門家との定期的な相談と協力が重要です。一人で悩まずにまずはお医者さんに相談しましょう。   参考 名取裕子「パニック障がいと更年期障がいを発症、支えは愛犬だった。14歳で母を亡くし料理は得意。ぼっち歴52年も、おいしいものを食べる時間があれば」(婦人公論.jp)Yahooニュース

木下優樹菜さんが発症した「睡眠障がい」とは?症状と対処法は?

木下優樹菜さん(36)は、睡眠障がいに悩まされていることを報告しました。 Instagramでは、プロサッカー選手・三幸秀稔(30)が韓国チームへの移籍が決まったため、その見送りの様子を投稿していました。木下さんは、長女・莉々菜さんと次女・茉叶菜さんと三幸選手が別れを惜しむ姿を共有しました。 約1カ月後の2月11日には、親子3人で韓国に滞在中の三幸選手の写真を投稿し、17日には別れ際にハグをする2人の写真を共有しました。   「寝たいです」と苦しい様子を投稿 21日の午前2時頃には、ストーリーズで睡眠障がいに苦しむことを告白しました。「8時半から、次女とベッドにいて、一睡も出来ないの、ちぬ。体疲れてんのに、脳が活性化状態で、目をつぶっても、覚醒状態でお腹すいた。どうにかしたい。睡眠障がい、再到来。お願い寝たいです。」 その後、午前6時35分には、莉々菜さんと茉叶菜さんに作ったお弁当を披露しました。さらに、「朝はすぐ来るのでとりあえずルーティンかます(寝たい)きょうをイキオイだけで乗り切ろーっと」「#睡眠障がい」とランニングマシンで運動中の動画を投稿しました。   睡眠障がいとは? 睡眠は健康と幸福に不可欠な要素であり、質の高い睡眠は体と心のリフレッシュに欠かせません。しかし、現代社会では忙しい生活やストレス、デジタルデバイスの普及などが、多くの人々に睡眠障がいをもたらしています。睡眠障がいは、個人の日常生活や健康に深刻な影響を与える可能性があります。   睡眠障がいの深刻さ 睡眠障がいは、体の機能や心理的健康に大きな影響を及ぼす可能性があります。十分な睡眠を得られないことで、日中の注意力や集中力が低下し、仕事や学業に支障をきたすことがあります。また、持続的な睡眠不足は免疫機能の低下やストレス耐性の低下につながり、様々な健康問題を引き起こす恐れがあります。   睡眠障がいの背景 睡眠障がいの背景には、さまざまな要因が関与しています。ストレスや不安、不規則な生活習慣、環境の変化、身体的な疾患、精神的な健康問題などが挙げられます。これらの要因が組み合わさることで、睡眠障がいが発症しやすくなる傾向があります。     睡眠障がいの管理方法 睡眠障がいを管理するためには、まず原因を特定し、それに対する適切な対策を講じることが重要です。健康的な生活習慣の確立、ストレス管理、睡眠環境の改善、規則正しい睡眠スケジュールの確保などが有効な方法です。また、場合によっては専門家の助言を受けることも重要です。 認知行動療法や薬物療法など、さまざまな治療法があります。睡眠障がいは個々の生活や健康に深刻な影響を及ぼす可能性があるため、早期の対処が重要です。   睡眠障がいの定義と影響 睡眠障がいは、睡眠の質や量に影響を与える状態の総称です。これには、入眠困難、睡眠中の断続的な覚醒、早朝覚醒などが含まれます。入眠困難は、就寝時になかなか眠りにつけない状態を指し、これにより睡眠の総量が減少し、日中の眠気や疲労感が生じる可能性があります。 また、睡眠中の断続的な覚醒は、睡眠の深さや連続性に影響を与え、朝起きた時のスッキリ感を損なうことがあります。さらに、早朝覚醒は、夜間の睡眠時間が短くなることで、朝早く目が覚めてしまい、その後の眠りが浅くなることを意味します。   精神的な健康への悪影響もある これらの睡眠障がいは、日常生活において機能の低下や身体的、精神的な健康への悪影響をもたらす可能性があります。 たとえば、十分な睡眠を得られないことにより、注意力や集中力が低下し、仕事や学業に支障をきたすことがあります。また、持続的な睡眠不足は、免疫機能の低下やストレス耐性の低下につながり、様々な健康問題を引き起こす恐れがあります。睡眠障がいは、個々の生活や健康に深刻な影響を及ぼす可能性があるため、早期の対処や適切な管理が重要です。   睡眠障がいの種類 睡眠障がいは多様な症状を示すことから、それぞれ異なる種類に分類されます。その中でもよく知られる睡眠障がいの種類には、以下のようなものがあります。 不眠症 不眠症は、寝付きが悪い、中途覚醒が多い、朝早く目が覚めてしまうなど、睡眠の質や量が不十分な状態を指します。ストレスや不安、生活習慣の乱れなどが原因となることがあります。   睡眠時無呼吸症候群(SAS) SASは、睡眠中に一時的に呼吸が止まる、あるいは呼吸が浅くなる症状です。これにより、睡眠中に何度も覚醒することがあり、日中の眠気や疲労感が生じます。肥満や気道の狭窄、遺伝的要因などが関連しています。   過眠症 過眠症は、日中に異常なほどの眠気や過度の睡眠欲求が生じる状態を指します。夜間の睡眠時間が十分であっても、日中に眠気が抑えられないことが特徴です。うつ病や睡眠時無呼吸症候群などが原因となることがあります。   不規則な睡眠覚醒症候群 この症状は、規則正しい睡眠覚醒周期が崩れ、睡眠と覚醒のパターンが乱れる状態を指します。これにより、日中の機能や活動が制限されることがあります。 これらの症状は、個々の人によって異なる場合があり、正確な診断と適切な治療が必要です。睡眠障がいは生活の質や健康に深刻な影響を及ぼす可能性があるため、早期の対処が重要です。 睡眠障がいの原因と影響 睡眠障がいの原因は多岐にわたります。ストレス、不規則な生活習慣、身体的な疾患、精神的な健康問題、薬物の副作用などが挙げられます。ストレスは、心身に多大な負荷をかけ、睡眠サイクルを乱すことがあります。 不規則な生活習慣は、睡眠のリズムを崩し、睡眠障がいを引き起こす原因となります。身体的な疾患、例えば睡眠時無呼吸症候群や慢性疾患は、睡眠の質を低下させ、日中の機能に影響を与えます。   睡眠障がいと密接に関連している 精神的な健康問題、特に不安やうつ病は、睡眠障がいと密接に関連しています。薬物の副作用は、一部の医薬品が睡眠を妨げたり、睡眠パターンを変化させる可能性があります。 また、睡眠環境の不適切さや睡眠時の呼吸の問題も、睡眠障がいを引き起こす要因として考えられます。これらの原因が組み合わさることで、睡眠障がいが悪化し、日常生活や健康に深刻な影響を及ぼすことがあります。 より健康的な睡眠環境の整備や、ストレス管理、定期的な運動、心理療法などのアプローチが、睡眠障がいの管理に役立つことがあります。   睡眠障がいの影響と管理 睡眠障がいは身体的、精神的な健康に深刻な影響を及ぼすことがあります。持続的な睡眠不足は、免疫機能の低下や心血管疾患のリスク増加、肥満、糖尿病などの慢性疾患の発症リスクを高める可能性があります。 睡眠不足が続くと、体内の炎症反応が増加し、病気に対する抵抗力が低下する傾向があります。また、十分な休息を取れないことで、ストレスホルモンの分泌が増加し、心臓血管系に負担をかけることがあります。   情緒不安定や抑うつ感などの精神的な健康問題 精神的な健康においても、睡眠障がいは重大な問題です。睡眠不足は、注意力や記憶力の低下、判断力の鈍化などを引き起こす可能性があります。情緒不安定や抑うつ感などの精神的な健康問題も睡眠障がいによって悪化することがあります。   改善するためには 睡眠障がいを管理するためには、まず生活習慣の見直しが重要です。規則正しい睡眠スケジュールを確保し、リラックスする環境を整えることが大切です。 ストレスや不安を軽減するために、ストレス管理技術やリラクゼーション法を取り入れることも有益です。また、医師の指示に従い、必要に応じて医学的なアプローチを採用することも重要です。認知行動療法や睡眠薬の使用などが考慮される場合があります。 睡眠障がいの影響は個人によって異なりますが、適切な管理と治療を行うことで、睡眠の質を向上させ、健康を回復させることが可能です。睡眠の重要性を認識し、睡眠障がいに対処することは、より充実した生活を送るための重要なステップです。 まとめ 睡眠は私たちの健康と幸福にとって極めて重要です。睡眠障がいはその重要性を脅かす深刻な問題であり、適切な管理が必要です。生活習慣の見直しや専門家の支援を受けることで、より良い睡眠を確保し、健康で充実した生活を送ることができます。   参考 木下優樹菜さん、睡眠障害に悩み「8時半から、次女とベッドにいて、一睡も出来ない」(ABEMA TIMES)Yahooニュース

発達障がいとニューロダイバーシティ「イライラしてしまう」発達障がいへの理解を深める必要

科学文明の進化には発達障がいが不可欠だという主張は意外にも多くの研究者によって真剣に考えられています。エジソンやアインシュタインなどの偉大な発明家や科学者には、発達障がいに似たエピソードが数多くあります。また、映画監督のスティーブン・スピルバーグも自らが発達障がいを抱えていることを公表しています。   多様性を尊重する考え「ニューロダイバーシティ」 一般的に障がいというと、「何かができない」「劣っている」という印象を持たれがちですが、実際には優れた才能を持つ人々の中には発達障がいに似た特性を持つ者が少なくありません。 近年、注目を集めているのが「ニューロダイバーシティ」という概念です。この考え方は、脳や神経の機能が異なることは、「できない」「劣っている」という見方ではなく、むしろ多様性を尊重すべきだというものです。 経済産業省も、脳や神経の機能の違いがイノベーションを促す要因であり、企業活動においても積極的にニューロダイバーシティを取り入れるべきだと提唱しています。 過度な期待には注意が必要ですが、ニューロダイバーシティは従来の価値観を覆す可能性を秘めています。多様性の本質を理解するためには、この概念を理解することが不可欠です。   発達障がいの特性を活かすイノベーションへの挑戦 ニューロダイバーシティとは、脳や神経に起因する個人の違いを多様性として捉える考え方であり、自閉スペクトラム症(ASD)や注意欠陥多動性障がい(ADHD)などの発達障がいに関する議論が1990年代から始まりました。 近年、日本でも経済産業省が一部の発達障がいを持つ人々の独特な才能や個性が企業活動や研究においてイノベーションを生み出す可能性に注目し、彼らの才能を積極的に活用することを呼びかけています。   イノベーションの創出や生産性の向上に不可欠 ダイバーシティ経営はイノベーションの創出や生産性の向上に不可欠であり、また少子高齢化が進む国における就労人口の維持だけでなく、企業の競争力強化にも重要であるとしています。 さらなる推進が求められており、特に「発達障がいのある方に、その特性を活かして自社の戦力となっていただく」ことを目指したニューロダイバーシティへの取り組みが注目されています。 この概念を更に発信し、発達障がいのある人々が持つ特性(発達特性)を活かし、社会で活躍できる環境を目指します。   IT界のリーダーシップにおける発達障がいのポジティブな側面 IT業界のリーダーたちが発達障がいを持っていることはよく知られています。ビル・ゲイツ氏やマイケル・ザッカーバーグ氏、スティーブ・ジョブズ氏など、彼らの特性はしばしば発達障がいに関連したものと指摘されてきました。そのため、彼らをモデルにした映画でもその特性が際立って描かれることがあります。 また、大手企業も発達障がいを持つ人材を積極的に採用する傾向にあります。デンマークのスペシャリステルネ社は、自閉症の人々がソフトウェア開発に貢献できる能力を認識し、自閉症の人材を積極的に採用しています。 この動きは、ヒューレット・パッカード・エンタープライズやマイクロソフトなどの他のIT企業、金融業、製造業にも波及しています。IT関連の人材不足が世界的な課題となる中、発達障がいの人々の潜在能力が注目されています。   世界的な人材獲得の流れ 発達障がい、特に自閉スペクトラム症(ASD)については、言葉や視線、表情、身ぶりなどにおいてコミュニケーションが苦手である、他者の気持ちを読み取ることが難しい、特定の興味に強い関心を持つ、こだわりが強い、といったネガティブな側面がよく取り上げられます。 日本自閉症協会は次のように述べています。「社会的なコミュニケーションの困難さや特定のことへの強い関心など、多様な障がい特性が見られる発達障がいの一つです。この特性により、日常生活や社会生活で困難を感じることがあります」「生まれつき、脳の中枢神経系の情報整理に特性があるため、できることとできないことにばらつきがあり、日常生活でさまざまな困難が生じます」 しかし、IT企業を中心とする世界的な人材獲得の流れは、発達障がいのポジティブな側面に注目しています。   IT分野で特に優れている可能性 日本がIT分野において後れを取ってきたことから、経済産業省は新たな人材獲得の動向に積極的に対応しています。「デジタル分野におけるイノベーション創出を加速するための『ニューロダイバーシティ』の取り組み可能性に関する調査」(令和3年度産業経済研究委託事業)が述べています。「発達障がいのある人々が持つ特性(発達特性)は、パターン認識、記憶、数学などの分野で特に優れている可能性が近年の研究で示されています。特にデジタル分野の業務、例えばデータアナリティクスやITサービス開発は、ニューロダイバースの人材の特性とよく合致する可能性が指摘されています」。   障がいごとに得意な分野がある? 自閉スペクトラム症(ASD)に関しては、高い注意力や情報処理能力、視覚的な優位性があり、高い精度と技術力を発揮する点が強調されます。また、論理的思考やデータに基づくアプローチに優れており、高い集中力と正確さを長時間維持する能力も持ち合わせています。時間管理にも優れ、献身的で忠実な傾向があります。 一方、注意欠陥・多動症(ADHD)については、「リスクを取り、新たな領域に挑戦することを好む」「洞察力、創造的思考力、問題解決力が高い」というポジティブな特性が挙げられます。   短所は長所になる可能性 これらの特性を持つ人々は、従来は不適切な行動として評価されてきたかもしれませんが、「マルチタスクをこなし」「高い集中力を発揮する」などの特性は、新しい視点から評価されます。多数派の期待や規範に合わないとして不当に低評価されてきた発達障がいの人々にとって、ニューロダイバーシティは歓迎すべき概念と言えるでしょう。   過度な期待はNG 日本の国内総生産(GDP)がドイツに抜かれて世界4位に後退したことで、政府や経済界はイノベーションを起こせる人材の確保や発掘に焦りを覚えるでしょう。しかしその一方で、現実との乖離した過度な期待が失望を生む可能性もあります。   全員特殊な才能を持っているわけではない 発達障がいの人が全員特殊な才能を持っているわけではありません。集団活動に適応障がいを起こしたり、ネガティブな視線に晒されて自信を喪失したりするケースも少なくありません。   就労から疎外されてきた障がい者 最近の障がい者向けの就職説明会では、発達障がいや精神障がいの人々が目立つようになっています。身体障がいや知的障がいを持つ人々はほとんどが雇用されてきましたが、精神障がいや発達障がいの人々が企業就労の主流になることはそれほど一般的ではありませんでした。これは、これまで彼らが一般就労から疎外されてきた結果です。   人事担当者の話では… ある関西の企業に務めている人事担当者から次のような話がありました。「様々な障がいの人々を雇用してきた経験から、どのような障がいにも対応できるようになりました。 しかし、発達障がいを持つ若い男性社員だけは取り扱いが難しいです。時折彼は上から目線で偉そうな態度を取るので、彼との会話はイライラすることがあります。他の職員も彼と一緒に働きたいと思わないと言っています」   誤解が起きやすいため定着率が低い 発達障がいの人々はコミュニケーションに独特の傾向があり、感情的な誤解が起きやすいため、定着率が低い傾向があります。 企業側も採用に二の足を踏むことがあります。特異な才能があったとしても、安心して働ける環境や理解ある同僚がいなければ、その才能を発揮し続けることは難しいでしょう。 多様性に大切なこと 現代社会において、多様性は重要な価値として認識されています。異なる背景や特性を持つ人々が、それぞれの個性を尊重され、活躍できる社会を築くためには、さまざまな取り組みが必要です。以下に、多様性を尊重し活かすために必要な要素を考えてみましょう。   教育の場での理解と支援 第一に、教育の場での理解と支援が不可欠です。教育機関は、異なる能力や特性を持つ子どもたちに対して適切なサポートを提供し、彼らが自信を持ち、個々の能力を伸ばすための環境を整える必要があります。 発達障がいや身体障がいを持つ子どもたちに対する理解を深め、適切な支援を行うことで、彼らが社会で自立し、活躍できる土壌が育まれます。   職場で多様性を受け入れる文化 職場においても多様性を受け入れる文化が求められます。企業は、障がいを持つ人々や異なる文化背景を持つ人々が、自らの能力を発揮できるような働きやすい環境を整えることが重要です。 特に、発達障がいの人々が持つ独特の特性や能力を理解し、適切なサポートを提供することが求められます。コミュニケーションの円滑化や柔軟な働き方の促進、バリアフリーな環境の整備などが、多様性を尊重した職場作りに必要です。   社会全体での意識改革 社会全体での意識改革も必要です。多様性を受け入れるためには、偏見や差別を排除し、包括的な視野を持つことが重要です。 メディアや教育機関、企業などが積極的に多様性をテーマにした啓発活動を行うことで、社会全体の意識が変化し、多様性を受け入れる風土が醸成されます。また、政府や地方自治体が多様性を推進する政策を積極的に推進することも必要です。   個々が多様性を受け入れる心を持つ 個々の人々が多様性を受け入れる心の持ち方を身につけることも重要です。他者の違いを尊重し、対話や協力を通じて共に成長する意識を持つことが、多様性を受け入れる社会を実現するための第一歩となります。 個々の人が自らの立場や特性を理解し、他者とのコミュニケーションを通じて共に学び合うことで、より豊かな社会が実現します。 まとめ 多様性を尊重し受け入れる社会を築くためには、教育、職場、社会全体での取り組みが欠かせません。個々の人々が異なる特性や背景を持ちながらも、互いに尊重し支え合う社会を築くことが、持続可能な発展を遂げるための重要な要素と言えるでしょう。   参考 「どうしてイライラしてしまうのか?」人事担当者が気づいた、発達障がいへの「ゆがんだ思い」|令和の幸福論|野澤和弘|毎日新聞「医療プレミア」

障がい者にとっての在宅ワークのメリットとデメリットとは?自分に合った勤務方法を選ぼう

「在宅ワーク」と「在宅勤務」は違う? 新型コロナウイルスの拡大に伴い、急速に広まった在宅ワークの動向。この働き方は、収束後も継続する見通しとなっています。ただし、「在宅ワーク」と「在宅勤務」の用語が混同されることがあります。実際、これら2つは異なる働き方を示します。 在宅ワークは、国が推進するテレワークを中心に据えています。テレワークとは、インターネットを利用して通勤をせずに業務を行う働き方です。この働き方は、1990年代に欧米で普及しました。在宅での勤務は、交通渋滞の緩和や排気ガスの低減などの環境的利点もあります。 一方、「在宅勤務」とは、在宅ワークの一形態であり、一般的には比較的限定的な意味で使用されます。これは、会社との雇用契約の下、パソコンなどを用いて在宅で業務を行うことを指します。在宅勤務の求人には、「在宅勤務可」の選択肢がある場合もあります。   在宅ワークの利点 在宅ワークではどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。   通勤が不要 障がいの程度によっては、通勤は大きな負担になりますが、在宅ワークによってこの負担が軽減されます。   住む場所に拘束されることなく自由に暮らせる 自宅の環境で仕事ができることは、身だしなみの負担が軽減されるだけでなく、作業効率も向上することがあります。   仕事環境を自分仕様に整えることができる 自宅の環境を調整し、バリアフリーな空間を整えることで、障がいに配慮した快適な作業環境を確保できます。   自身の体調やリズムに合わせて柔軟に作業時間を調整できる これにより、障がいによる体力や集中力の変動に対応しやすくなります。   外部の刺激を最小限に抑えることができる 集中力を維持しやすく、生産性を高める効果も期待できます。そのため、障がい者にとって在宅ワークは、自身の能力や状況に合わせた柔軟な働き方を実現する有益な手段と言えるでしょう。   在宅ワークの課題 一方で、在宅ワークにはいくつかの課題も存在します。まず、自宅が仕事場となることで、仕事とプライベートの区別が難しくなる可能性があります。これは仕事時間と休息時間の区別が難しくなることを意味します。 また、対面でのコミュニケーションに比べて、言葉のニュアンスや表情の把握が難しくなるため、コミュニケーションの誤解や摩擦が生じる可能性があり、オンライン上でのコミュニケーションが直接の職場環境よりも難しくなることも懸念されます。 さらに、在宅ワークでは成果主義が求められることが多く、仕事とプライベートのバランスを保つためには自己管理力がより重要になります。 また、自宅内でのリラックスや趣味の時間が仕事に侵食される可能性があり、メンタルの健康に影響を及ぼすことが懸念されます。 事業者の視点からのメリット 障がい者の在宅ワークは、事業者にとっても多くのメリットがあります。まず、障がい者が働きやすい環境を整備するためのコストが削減されます。設備のバリアフリー化や特殊な作業環境の整備にかかるコストが不要になるため、経済的な負担が軽減されます。また、在宅ワークによって働く場所が限定されないため、広い地域から優秀な人材を採用できる可能性が高まります。特に、障がい者採用においては、地域や通勤の制約によって採用が難しいケースも解消されます。   生産性やモチベーションの向上 さらに、在宅ワークは柔軟な働き方を実現し、従業員のワークライフバランスを向上させることにも貢献します。従業員の働きやすさが向上すれば、生産性やモチベーションの向上にもつながります。 したがって、事業者にとって在宅ワークは、障がい者雇用の促進や効率的な経営の実現に向けた有効な手段と言えるでしょう。   事業者の視点からのデメリット 在宅ワークのデメリットについても考えてみましょう。まず、職場での業務状況や従業員の体調の変化をリアルタイムで把握することが難しくなります。オフィスであれば、同僚や上司が顔を合わせることで業務の進捗状況や問題点を素早く共有できますが、在宅ワークではそのようなコミュニケーションが難しくなります。 自己管理に任せる形となるため、問題や困難に早めに対処することが難しく、業務の遅れやミスのリスクが増大します。そのため、事業者はオンラインでの相談や支援ツールの活用など、在宅ワークにおける障がい者のケアに特に注意を払う必要があります。 定期的なフォローアップ、業務管理ツールの活用などが、問題や困難に早めに対処するための有効な手段となります。事業者は従業員の健康や働きやすさを優先し、適切なサポート体制を整えることで、在宅ワークのデメリットを最小限に抑える努力が求められます。   在宅ワークの主な仕事の種類 在宅ワークを行う際に、利用できる仕事は多岐に渡ります。詳しく見ていきましょう。   データ入力や事務業務 データ入力は、一般的でありながらも需要の高い仕事です。パソコンを使用して顧客管理や企業情報の入力を行います。また、Officeソフトウェアを活用することが一般的で、WordやExcel、PowerPointなどが利用されます。これらの仕事は、在宅で行うのに適しています。   プログラミングやデザイン業務 プログラミングやデザイン業務は、専門的なスキルが求められる分野ですが、在宅ワークと親和性が高いとされています。Webデザインやグラフィックデザインなどの仕事は、特に需要が高まっています。デジタル化の進展に伴い、プログラミングスキルの需要も増加しています。   ライティング業務や編集業務 Webサイトの記事作成や編集業務も、在宅ワークで行われることが多いです。企業のホームページやポータルサイトのコンテンツ制作に携わることがあります。文章力や編集力が求められる仕事であり、自宅で集中して取り組むことができます。   軽作業やモニター業務 在宅で行える軽作業やモニター業務もあります。例えば、カプセル詰めや封入、検品作業などがその一例です。また、アンケートモニターやモニター業務も、副収入を得るための仕事として人気があります。これらの仕事は、自宅での隙間時間を有効活用するために適しています。   在宅ワークに必要なスキルを磨く ある業務を志望するなら、その業務に必要なスキルを身につける必要があります。たとえば、プログラミングやデザイン業務では、専門的な知識や技術が欠かせません。これらの業務を遂行するためには、独学も一つの手段ですが、効率的にスキルを身につけるなら、専門学校やコースへの参加が近道と言えるでしょう。 一方、データ入力やライティング業務については、専門的な知識が必要とされることはありません。ただし、パソコンの操作は必須です。ライティング業務では、自分の得意な分野の知識を活かすことが重要です。   自分に合った在宅ワークを見つける 在宅で行える仕事の一部を紹介しましたが、他にも多くの選択肢があります。自分の興味や得意分野に合った仕事を見つけるために、様々なサービスを活用してみましょう。 その際に役立つのが、専門機関が提供する各種サービスです。例えば、ハローワークは障がい者向けの在宅勤務がある企業の求人情報を探すのに役立ちます。   障がい者向けの就職・転職エージェント さらに、障がい者向けの就職・転職エージェントもチェックしてみましょう。障がい者の雇用ニーズと企業の要求をマッチングさせるために、専門的なサポートを提供しています。障がい者向けの就職・転職エージェントは障がい者の就労に関する理解を持ちつつ、企業側のニーズも把握しています。専門スタッフが対応し、適切なアドバイスやアフターケアを提供してくれるため、利用者のニーズに応じた柔軟なサポートが期待できます。 障がい者向けの就職・転職エージェントを利用することで、自分に合った在宅ワークや企業を見つける可能性が高まります。彼らのサポートを受けながら、自分の能力や状況に合った柔軟な解決策を見つけましょう。   在宅ワークを成功させるための環境整備 在宅ワークを始めるにあたって、求人情報を収集するだけでなく、適切な環境を整えることが重要です。この場合の環境整備とは、単にインターネット環境を整えるだけではなく、自己管理や効率的な業務遂行を含みます。   自身の弱点や課題を知って対策をする 在宅ワークでは、自己管理が特に重要です。オフィスとは異なり、身近にサポートを受けることが難しいため、自己解決能力が求められます。自身の弱点や課題を洗い出し、それに対する対策を事前に考えておくことが肝要です。また、在宅ワークに必要な支援機器やコミュニケーションツールも事前に準備しておくことが重要です。   オンとオフの切り替え さらに、自己管理能力も必要です。業務とプライベートの切り替えや時間管理など、自身のコントロールが求められます。このため、オンとオフの切り替えをうまく行えるように心がけることが重要です。 まとめ 在宅ワークのメリットとデメリット、具体的な職種、注意点について述べてきました。さらに、在宅ワークの求人を探す方法についても触れました。これらの要点を押さえながら、将来的にますます普及する在宅ワークに備えましょう。   参考 障がい者にとっての在宅ワークのメリット/デメリットまとめ

簡単なあいさつから手話を覚えてみませんか?

手話は、手や身体の動き、表情、そして空間の利用によって情報を伝える言語です。音声言語と同様に、手話も文法や構文を持ち、豊かな表現力を持っています。手の形、位置、動き、そして表情の変化などが重要な役割を果たします。 また手話は表情も重要です。喜怒哀楽を意識して行うことでさらに相手に伝わりやすくなります。 本記事で挨拶から気持ちを伝えるジェスチャーを学んでみましょう。   「挨拶」の手話 挨拶は人差し指を向き合わせて、曲げると「挨拶」という意味の手話になります。 こんにちは 二本の指を顔の前に持ってきた後、人差し指を向き合わせて曲げます。 こんばんは 手を顔の前で振った後、人差し指を向き合わせて曲げます。 おはよう 手を握り上から下に下ろした後、人差し指を向き合わせて曲げます。 気持ちを伝えてみよう 次は簡単な気持ちを伝えるジェスチャーです。 ありがとう 左手を横にして、右手でトンと叩くようにします。 頑張って 手を握り胸の前で細かく上下します。 すみません 眉間の前でつまむ動作をした後、手を開いてまっすぐ下ろします。 大丈夫? 手のひらを胸の左から右に動かします。 分かりません 肩を外側へ二回払います。 分かりました 手を開いて胸を短く払います。 何? 人差し指を左右に振る動作をします。 お疲れさま 左手首を右手でトントンと軽く叩きます。 いかがでしたでしょうか?簡単なジェスチャーなのでぜひご家族や周囲の方と一緒に練習したり、実際に使ってみてください。   言葉の音を超えたコミュニケーション 手話は、聴覚障害者のコミュニケーション手段として広く知られていますが、それは単なる言葉の代替手段に留まりません。手話は、独自の文化、歴史、そして表現方法を持つ、豊かな言語です。   手話の起源と歴史 手話は、聴覚障害者同士がコミュニケーションを取るために自然発生的に発展してきました。古代から手話的なジェスチャーが存在したとされ、古代ギリシャやローマの時代にも手話が使われていたという証言があります。しかし、手話が近代的な形を取るのは比較的新しい現象です。 手話が公式に認識されるようになったのは、18世紀後半から19世紀初頭のフランスでのことです。フランスの教育者であるアベ・シャルル・ミシェル・ド・ル・エペが、聴覚障害者のための教育プログラムを開発し、手話を教育の手段として採用しました。これが、手話が教育的な用途にも使われるようになった最初の例です。   手話の特徴 手話には、地域や文化によって異なる多くのバリエーションがあります。例えば、アメリカ手話(ASL)、イギリス手話(BSL)、日本手話(JSL)などが挙げられます。これらの手話は、異なる言語として発展し、それぞれ独自の表現方法や文化的な特徴を持っています。 手話の重要性 手話は、聴覚障害者にとって重要なコミュニケーション手段であり、彼らの社会参加を支援します。しかし、手話の重要性はそれだけに留まりません。手話は、聴覚の制約がない人々にも開かれたコミュニケーションの手段として価値があります。手話を学ぶことは、言葉の壁を超え、異なる文化や人々とのつながりを築くことに役立ちます。 さらに、手話は言葉だけでは表現しづらい感情や概念を豊かに表現する手段としても機能します。手話を通じて、身体の動きや表情が加わることで、言葉単体では伝えきれない豊かなニュアンスや感情が表現されます。これにより、コミュニケーションの深みや多様性が増し、より豊かな対話が可能となります。   新たなコミュニケーションの可能性 手話の美しい表現力は、言葉が及ばない領域で新たな理解と洞察をもたらします。音声言語にはない視覚的な要素が加わることで、新たな感性や文化的な価値が生まれます。このような手話の特性は、言語や文化の多様性を尊重し、相互理解を深める上で貴重な役割を果たします。 そのため、手話の学習や普及は、単に障害者支援に留まらず、社会全体の包括性や対話の促進にも役立ちます。手話を通じて、私たちは新たなコミュニケーションの可能性を探求し、より多様で豊かな社会を築くための一歩を踏み出すことができます。 まとめ 手話は、言葉の音を超え、身体と空間を通じて情報を伝える美しい言語です。その起源は古く、歴史的にも重要な役割を果たしてきました。手話は、聴覚障害者のコミュニケーション手段としてのみならず、広く社会においても重要な存在です。その豊かな表現力と文化的な価値は、私たちに新たな視点をもたらし、より包括的で豊かな社会を築くための一助となるでしょう。   参考 手話を覚えてみよう!/阿賀野市

障がい者と健常者が共に学び、考える場:障がい者差別解消法に向けて

駅舎や車両を活用したプログラム 長与駅(長崎県長与町)では、障がい者と健常者が共に学び、考える場が提供されています。主催は社会福祉法人「ながよ光彩会」で、駅舎や車両を活用したプログラムが注目を浴びています。   障がい者が直面する日常の課題 このプログラムでは、重症筋無力症を抱えながらも、遠隔操作可能な分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」を介して活躍する山本順子さんが講師を務めて、この日もOriHimeを介して進行を務めました。彼女の講義を通じて、参加者は目に見えない障壁に気づき、実際の駅での歩行体験を通じて、障がい者が直面する日常の課題に思いをはせました。   身近な環境で起こりうる障壁や困難について考える このプログラムは、障がい者と健常者が共に学び、相互理解を深める貴重な機会となっています。参加者は、身近な環境で起こりうる障壁や困難について考えることで、より包括的な視点を身につけることができます。 さらに、実践的なアプローチを通じて、障がい者の日常生活に対する理解が深まり、より支援的な社会の実現に向けた一歩となることが期待されます。 また、障がい者と健常者の間でのコミュニケーションや連帯を促進する重要な役割を果たしています。そのため、今後もこのような取り組みが積極的に支援され、広く展開されることが望まれます。   地域の助け合いを促進する障がい者支援プログラム:長与駅での取り組み 長与駅(長崎県長与町)で展開されている障がい者支援プログラムは、地域社会の助け合いを促進する重要な一環として、障がい者と非障がい者が共に学び、考えることで、相互理解と支援の架け橋となることが期待されています。 参加者の一人である花村ゆかりさんは、このプログラムを通じて得た知識が、他者に寄り添うきっかけとなることを感じています。彼女の感想は、このプログラムが地域の助け合いを促進し、日常的なものとして定着させる一助になる可能性を示唆しています。   「助け合いを日常に」 ながよ光彩会の貞松徹理事長も、「助け合いを日常に」という理念を掲げ、このプログラムの普及を模索しています。次回の開催は3月1日で、午後1時半から4時までの予定です。参加は無料ですが、事前予約が必要となっています。詳細については、ながよ光彩会までお問い合わせください。 このようなプログラムの普及により、地域社会全体が障がい者支援に対する理解を深め、積極的な参加と支援を提供することが期待されています。   分身ロボット「OriHime」:遠隔操作による障がい者支援の革新 山本順子さんが活用している分身ロボット「OriHime」は、近年の技術の進化がもたらす障がい者支援の革新的な解決策の一つで、遠隔操作が可能でありながら、障がいを抱える人々に自立と活動の機会を提供しています。   制約がある人々でも自由に社会参加することが可能になる 分身ロボット「OriHime」は、その名の通り、遠隔地からの操作によって別の場所に存在するかのように行動できます。具体的には、操作者がロボットを介して遠隔地の環境を視覚や音声で感知し、ロボットを移動させ、対話や活動を行うことができます。これにより、移動やコミュニケーションの制約がある人々でも、自由に社会参加することが可能となります。   安全性や効率性 障がい者が「OriHime」を利用することで家庭や学校、職場など、日常生活のさまざまな場面で活動できるようになります。これは、障がい者が自らの意思で行動し、社会とのつながりを深めるための有力な手段となります。また、「OriHime」は、高度な技術を駆使しており、操作者がロボットを介して環境をリアルタイムで把握し、適切に行動することができるため、安全性や効率性も確保されます。   医療や介護の現場でも活用されている さらに、「OriHime」は、医療や介護の現場でも活用されており、医師や介護士が遠隔から患者や利用者とコミュニケーションを取り、必要なケアや支援を提供することが可能です。これにより、地理的な制約や時間的な制約を乗り越えて、障がい者や高齢者に最適なケアを提供することができます。 「OriHime」は、技術の進化がもたらす障がい者支援の新たな展開を象徴する存在であり、障がい者の自立と社会参加の推進に大きく貢献しています。 障がい者差別解消法改正 障がい者差別解消法改正が4月1日に施行されることで、法律の枠組みが一新され、社会全体に重要な影響を与えることが予想されます。 従来、行政機関に課せられていた「合理的配慮」の義務が、民間事業者にも拡大されることで、障がい者の社会参加に対するアプローチが変わることが予想されます。 この改正は、障がい者の人権保護と社会的包摂を促進するための重要な一歩であり、障がい者がより平等な機会を享受し、自己実現を図ることが期待されます。 企業や地域社会は、これに伴い障がい者のニーズに対応するための具体的な施策や取り組みを積極的に推進し、社会の多様性と包括性を高めるための努力を継続する必要があります。 この法改正は、社会全体が障壁を取り除き、多様性を尊重する姿勢を示す重要な一歩として位置づけられています。   社会全体への影響 この法改正は、社会全体が障壁を取り除き、多様性を尊重する姿勢を示す重要な一歩です。障がい者に対する配慮が、企業や地域社会の責務として認識されることで、彼らの日常生活や労働環境が改善されることが期待されます。 これは、障がい者がより平等な機会を享受し、社会の一員として自己実現を図ることができるようになる重要な一歩です。 障がい者が職場や地域社会でより活発に参加し、その能力を最大限に発揮できるようになることで、社会全体の活力と多様性が高まることが期待されます。企業や地域社会は、障がい者のニーズに応えるために積極的な施策や取り組みを推進し、障がい者が安心して暮らせる環境を整備することが求められます。 これにより、社会全体がより包括的で公正なものとなり、障がい者と非障がい者が共に共生する社会の実現に向けた一歩が踏み出されることでしょう。   自立と参加の促進 法律の改正により、障がい者がより自立して生活し、社会に参加することが容易になると期待されています。これは、障がい者が自らの能力を最大限に発揮し、社会の一員として活動することを支援するものです。 具体的には、障がい者が必要な支援を受けながら、自立した生活を送るための支援制度や施策が強化されることが期待されます。また、障がい者が職場や地域社会で積極的に参加できる環境が整備されることで、彼らの社会的包摂が促進されます。 障がい者の個々の能力やニーズに応じた支援が提供されることで、彼らが自己実現を図ることができ、社会全体の多様性と活力が高まることが期待されます。企業や地域社会は、障がい者のニーズに対応するための施策や取り組みを積極的に推進し、障がい者が安心して暮らせる環境を整備することが求められます。 これにより、社会全体がより包括的で公正なものとなり、障がい者と非障がい者が共に共生する社会の実現に向けた一歩が踏み出されることでしょう。   企業と地域の役割 企業や地域社会は、障がい者のニーズに応えるための具体的な施策や取り組みを積極的に推進する必要があります。障がい者と非障がい者が共に働き、学び、生活する社会を実現するためには、個々の意識改革と制度の整備が欠かせません。 具体的には、企業が障がい者雇用の促進やバリアフリーな職場環境の整備を行うことが重要です。障がい者がスキルを活かし、フルに参加できるような環境を整えることで、多様性を尊重する企業文化が育まれます。 また、地域社会も、障がい者の移動や生活の支援を含む包括的なサービスを提供することで、障がい者の自立と地域の活性化に寄与します。そのためには、地域住民の理解と協力が不可欠です。 地域全体で障がい者支援に取り組むことで、より包括的で支え合いのある社会を築いていくことが期待されます。このような取り組みにより、障がい者が自己実現を果たし、社会全体が豊かな多様性を享受できる未来が描かれます。   未来への展望 障がい者差別解消法の改正は、より包括的で多様性を尊重する社会の実現に向けた一歩となるでしょう。障がい者と非障がい者が共に活躍し、支え合う社会の実現を目指して、今後も取り組みを続けることが大切です。 この法改正により、社会全体がより包括的で公正なものとなり、障がい者と非障がい者が共に共生する社会の実現が促進されるでしょう。障がい者の多様な能力や価値が認められ、彼らが自らの目標を達成し、社会に貢献する機会が増えることで、社会全体の豊かさが生まれると期待されます。 さらに、多様性を尊重する社会では、障がい者だけでなく、さまざまな人々が自分らしく生きることができる環境が整備されることが予想されます。これにより、社会全体が持続可能な発展を遂げ、誰もが幸せを追求できる社会が実現されるでしょう。障がい者差別解消法の改正は、未来に向けた希望と活力を与えるものとして、大きな期待を寄せられています。   まとめ 障がいの有無に関わらずすべての人が障がいについて学び、環境やシステムを柔軟に変えられる社会になって欲しいと思います。ぜひ全国で障がいについて学べる場を設けて、多くの人に知っていただきたいですね。   参考 障がいってなに?駅舎使って当事者と考えるプログラム:朝日新聞デジタル

能登半島地震:障がい者支援の新たな光

1月1日に起こった能登半島地震は、多くの人々に深刻な被害をもたらしました。しかし、その中でも特に注目すべきは、障がい者コミュニティの支援が不十分であることが露呈した点です。地震発生後2日目に立ち上がった特設サイト「#障がい者を消さない」は、この問題に光を当てる取り組みとして、インターネット上で注目を集めました。   障がい者の声を届ける 能登半島地震で被災した障がい者を支援するために開設された特設サイトは、避難所での障がい者の存在が見過ごされがちであることに警鐘を鳴らしています。地震をはじめとする過去の災害でも、障がい者やその家族が避難所で支援を受けることが難しいという実情があります。こうした現状に対して、特設サイトは積極的に声を上げ、問題提起を行っています。   アートを通じた支援の手法 特設サイトの制作には、「ヘラルボニー」という盛岡市を拠点に活動する障がいのある作家のグループが関わっています。このグループの代表取締役である松田文登さんは、自らも被災地での支援活動に関わり、その経験を活かして特設サイトを立ち上げました。彼らの目指すのは、アートを通じて障がい者コミュニティに希望と支援を届けることです。 過去の経験からの学び 松田さんは、自身が東日本大震災の際に被災地で学生として活動していた経験を振り返りながら、今回の支援活動に取り組んでいます。その経験から得た教訓が、今回の地震での支援活動に生かされています。過去の災害からの学びを活かし、より効果的な支援を実現するために、松田さん達は積極的に行動しています。   未来への希望を繋ぐ 能登半島地震によって露呈した障がい者支援の課題は大きいものの、特設サイトの登場は未来への希望を繋ぐ一石となりました。障がい者の声がしっかりと届く社会を目指し、声を消さないための取り組みが広がることを願ってやみません。   障がい者の苦悩を乗り越えて 能登半島地震が発生した際、松田さんの心に浮かんでいたのは、母親から聞いていた障がいのある人やその家族が震災時に直面する苦悩でした。日常とは異なる状況に置かれることで、精神的な不安が高まり、障がい者やその家族が大きな声を発したり、過剰に動き回ったりすることがあることを理解していました。その結果、障がい者が避難所に行かない、あるいは行けない状況に陥ってしまうことがありました。   障がい者支援の重要性を認識 松田さんは、障がいがあることが避難所に行けない、あるいは転々とする理由の一つであることを深く理解しています。この状況は非常につらく、悲しいものであり、解決するためには情報を知ることが極めて重要であると考えました。松田さんは、怖れや不安が無知から生じることを理解し、その知識の欠如を埋めるために、ヘラルボニーという活動を通じて情報を提供することの重要性を強調しています。   知識の共有と理解の促進 松田さんは、怖れや不安は知識の不足から生じると考えています。そのため、ヘラルボニーを通じて、障がい者やその家族が直面する問題についての情報を共有し、理解を促進することを目指しています。彼の活動は、社会全体における理解と共感を深め、より包括的で支援の行き届いた社会を実現するための一歩となっています。   未来への希望と活動の継続 松田さんの活動には、未来への希望と社会の変革を求める強い意志が込められています。松田さんは、知識の普及と理解の促進を通じて、障がい者やその家族が安心して避難所に行ける環境を作り出すことを願っています。そのために、彼の活動は今後も継続され、社会にポジティブな変化をもたらすことでしょう。   障がい者の声を聞く 能登半島地震や過去の災害における障がい者やその家族の経験は、従来表に出てこなかった部分でした。しかし、松田さんは特設サイトを通じて、SNSを活用して障がい者コミュニティからの声を募集しました。そこには、避難所へのアクセスの困難さや避難所での居場所の不安定さなど、さまざまな思いが寄せられました。     障がい者の家族の体験:街からの消失 田崎實さんは、東日本大震災で自宅を失い、知的障がいを持つ息子と共に避難所での経験をしました。しかし、彼は障がいのある家族を持つ知人から、一般の避難所が利用しにくい状況や、家に留まる選択肢があることを聞きました。その結果、障がいのある人々が避難所から消えてしまったという実態が浮かび上がりました。   障がい者の精神的な苦悩と家族の選択 田崎さんは、障がいのある人々が災害によって精神的に参ってしまい、避難所で奇声を発したり、多動的になったりすることを認識しています。そのため、障がい者の家族は周囲に迷惑をかけたくないと考え、避難所への行動を避けたり、転々とした生活を送ることを選択してきました。   社会の理解と支援の必要性 田崎さんのお話は、障がい者とその家族が災害時に直面する困難さを浮き彫りにしています。このような状況に直面する人々に対して、社会全体が理解と支援を提供することが必要です。松田さんの取り組みは、こうした認識を広め、障がい者コミュニティの声を世に伝える一翼を担っています。   障がい者と健常者の共生を目指して 田崎さんは、能登半島地震においても同様の事態が生じる可能性を心配しています。彼は、このような状況を変えるためには、障がいのある人とない人が互いに歩み寄ることが必要であると訴えています。   分断を超えた共感と理解 田崎さんは、障がい者と健常者の間に存在する壁を感じています。健常者が知らないことがたくさんあり、障がい者が一歩引いて生活しているため、互いに理解し合うことが困難であると指摘しています。しかし、田崎さんはこれまでの状況を打破し、お互いに歩み寄ってつながることが重要であると主張しています。   お互いに理解し合う必要性 田崎さんは、お互いに知ろうとせず、つながろうとしなかった過去の状況を指摘しています。しかし、このような分断を超え、互いに一歩踏み出して繋がっていく必要があると強調しています。障がい者と健常者がお互いを理解し合い、共に社会を築いていくためには、このような積極的な行動が不可欠であるというのが彼の主張です。   共生社会の実現への希望 田崎さんの訴えは、共生社会を実現するための重要なメッセージを含んでいます。田崎さんは、お互いに理解し合い、支え合うことで、障がい者と健常者が共に生きる社会を築くことが可能であると信じています。このような理念に基づいた行動が、より包括的で包容力のある社会を実現する鍵であると彼は信じています。   障がい者の声を届けるための取り組み 松田さんは、災害時の問題が特別なものではなく、日常から存在する問題や関係性が露呈される機会であると考えています。そのため、こうした機会を通じて社会がどのように変わるべきかを考えるきっかけを提供することが重要だと訴えています。   情報発信とサイトの見直し 今回立ち上げたサイトについても、今後も情報発信を続けながら、障がい者が必要とする情報によりアクセスしやすくなるよう見直しを行うとしています。災害時に障がい者が活用できる形を目指していくことを目指しています。   マイノリティの声の重要性 松田さんは、マジョリティが前提となっている社会において、障がい者の声がアクセスされにくいという現状を指摘しています。しかし、障がい者は災害時でも存在し、その声が届く必要性があると強調しています。障がい者の声が届くことで、無関心だったものに関心を寄せ、必要な支援や整備を進めることができると述べています。 まとめ 彼らの取り組みは、障がい者の声や権利が社会全体に届くことで、社会の関心を喚起し、積極的な行動を促進することができると信じています。彼らはこれからも、障がい者の声が社会に反映されるよう努めることが重要だと考えています。   参考 障がい者の声を消さない~能登半島地震支援特設サイト|NHK能登半島地震でのあと被災した障がい者支援のための特設サイトが立ち上がった。そこに込めた思いとは。障がい者のあるアート作家を支援しているヘラルボニーの代表者に聞いた。

麻疹にかかり4歳で最重度知的障がいに…苦悩と奇跡の物語

80代になっても「不安はない」 内閣府が明らかにした「高齢社会白書(令和3年版)」によれば、日本の世帯の49.4%が65歳以上の者を含んでいます。その中で、夫婦のみで構成される世帯が最も多く、約3割を占めています。また、高齢者のみで構成される単独世帯を含めると、約6割が頼れる同居者のいない状況にあることが分かっています。 北九州の郊外に住む多良久美子さんは、夫と知的障がいを持つ息子の3人で生活しています。8年前にはがんで娘を亡くし、頼れる子どもや孫がいない彼女は、80代に差し掛かった今でも不安を感じることなく、楽しく毎日を過ごしています。しかし、息子が4歳の頃、麻疹に罹患し最重度の知的障がいを持つようになった過去を持ちます。   麻疹を患い… 久美子さんは、高校卒業後に勤めた会社で出会った夫と結婚し、24歳の時に息子が誕生しました。息子は非常に賢く、トイレに貼ったカレンダーで数字を覚えるなど、自立した行動が見られました。しかし、入園準備をしていたその時、麻疹により彼の命と知能が脅かされました。   「命だけは助けてください」 病院での診断では、肺炎にかかっているという診断が下り、急速に意識を失ってしまいました。その後、2週間の間、息子は植物状態になり、医師からは生存の見込みが薄いと告げられました。久美子さんは必死に祈り、「どんな状態でもいいから、命だけは助けてください」と願いましたが、同時に葬儀の準備も進めていました。   奇跡的に意識が戻る しかし、奇跡的に息子の意識は戻り、体も動くようになりました。しかし、知能は失われたままであり、医師からは回復の見込みがないと告げられました。入院から4ヵ月後、退院を余儀なくされた久美子さんは、息子の将来に対する不安と苦悩に立ち向かっていくことになります。   「障がい児・者の親の会」との出会い 息子が障がい児となって3年が経ち、治るかもしれないという希望を捨てることができませんでした。病院に行けば治るのではないかと、必死に考えていました。しかし、その思いが変わったのは、「障がい児・者の親の会」との出会いがきっかけでした。 会に参加することで、久美子さんはたくさんのお母さんたちと出会いました。彼らはとてもたくましく、明るく、前向きでした。   理解者が心を救う 彼らの姿勢は、障がいを持つ子どもをただの数字ではなく、1人の人間として扱うことの大切さを教えてくれました。その中で、私も自らの心の葛藤を打ち明けることができました。そして、他の参加者たちからの支えや理解が、久美子さんの心を救ってくれたのです。 その経験から、久美子さんは息子の障がいを受け入れ、彼との新しい生活を歩むことを決意しました。姉からの助言や福祉の講演会での言葉も、私の心に深く響きました。これらの出来事を通じて、久美子さんは前向きな未来への道を見つけました。   勇気を与えてもらえる 会員のお母さんたちの、子どもたちを「1人の人間」として育てる思いに触れ、久美子さんも彼らと共に前進したいと感じました。彼らの積極的な姿勢は、久美子さんに勇気と希望を与えました。そして、この仲間たちと共に過ごす時間が、久美子さんの心に深い影響を与えました。 その中で、「何度も線路に飛び込もうと思った」というエピソードを聞き、久美子さんも同じような絶望感に襲われたことがあったと明かします。しかし、他の参加者たちの共感と理解が、久美子さんを救ってくれました。お母さんたちの支えに触れることで、新たな希望が湧きました。   姉の助言 また、母親代わりである姉からの「福祉の世界で育てなさい」という助言や、福祉の講演会での「障がいを認め、新しいスタートを切る」という言葉も、久美子さんの心に深く響きました。これらの経験を通じて、息子の障がいを受け入れ、前向きなスタートを切ることができました。息子と共に生きる覚悟を決めたとき、久美子さんの中には不思議なほどの元気と希望が湧き出ました。 幸せな日々の発見 息子が養護学校に通うようになってからの生活は、時間の負担こそあったものの、久美子さんにとって大きな安堵でした。毎日24時間息子にぴったりと張り付く必要がなくなり、ひとり息抜きする時間も持てました。 初めて養護学校に通い始めた頃は、息子の障がいに沈み込んでいました。何もかもできない彼に対して、謝罪の言葉ばかりが口をついて出ていました。   「いいことだけを書こう」 しかし、ある日、担任の先生からの一言が久美子さんの考え方を変えました。「連絡帳にはいいことだけを書こう」という提案でした。これまで否定的な視点に囚われていた久美子さんにとって、その言葉は目から鱗でした。 以来、必死になって息子の良いところを見つけ、連絡帳に記すようになりました。先生からの褒め言葉が、久美子さんの心に希望を与えてくれました。   前向きに考える 悪い部分やできないことにばかり目を向けるのではなく、前向きに、改善の余地や可能性を見出すようになりました。息子もその変化に応え、次第に成長していきました。 彼は中学や高校、通園施設を経て、現在は生活介護事業所に入所しています。週末には家に戻り、久美子さんたちと共に過ごします。彼の存在は、久美子さんたちにとって大きな喜びであり、心の支えです。   尊重し合える仲に 今では、息子との関係は対等であり、お互いに尊重し合っているとのことです。彼の言葉がなくとも、久美子さんたちは彼の気持ちを理解し、共に笑い合える関係が築けています。 息子の存在は、久美子さんたちにとってかけがえのない宝物です。彼が帰ってくると、家の中が一気に明るくなり、おだやかな日々を過ごすことができています。 まとめ 麻疹の後遺症は深刻で、知的障がいや神経疾患を引き起こすことがあるため、予防接種などの重要性を改めて感じます。 生活介護事業所は、障がい者や高齢者などの支援を提供し、自立した生活をサポート、日常生活の支援や医療的ケア、社会参加の支援など、個々のニーズに応じたサービスを提供します。これにより、利用者は安心して自宅での生活を続けることができ、家族も介護負担が軽減されます。生活介護事業所は、利用者の自立を促し、地域社会の一員として積極的に参加する支援を行うことで、より豊かな生活を実現する場所になります。 重度認知症などで大変な思いをしている方々の力になれる施設などに相談して、一人で抱え込まずに誰かに相談してほしいと思います。   参考 麻疹にかかった息子が4歳で最重度知的障がい者に…「飛び降りたら楽になるかも」思いつめていた私の目を覚ました姉のある一言とは(婦人公論.jp)Yahooニュース

公共交通機関の“障がい者”「心のバリアフリー」 公共交通機関の新たな挑戦

国土交通省が掲げる「心のバリアフリー」とは 障がい者の社会的包摂を目指すため、国土交通省が「心のバリアフリー」をスローガンに掲げ、公共交通機関の利用における障がい者支援の重要性を提唱しています。この取り組みは、障がい者の社会参加を促進し、差別や不平等を解消することを目指しています。具体的には、以下の3点が重要視されています。   差別や不平等を解消するため 障がい者の社会的バリアーを取り除くことが社会全体の責任であるという考え方があります。障がい者やその家族が合理的配慮を受け、差別を受けずに暮らせる社会を構築することが求められています。 障がい者の困難や痛みを理解し、適切なコミュニケーションを持つことが重要で、障がい者が自立して生活するためには、周囲の理解と支援が必要不可欠です。 障がい者の生活の質を向上させるためには、心のバリアフリーだけでなく、身体的なバリアフリーも重要であるとしています。公共交通機関が、車椅子やベビーカーなどの利用者に対応したバリアフリースペースを確保することが必要です。   多くの課題 しかし、現実にはこれらの取り組みが不十分であり、多くの障がい者やその家族が日常生活で困難に直面しています。例えば、知的障がいを持つ子供を育てる親の声が挙げられます。 支援学校に通う子供やその親は、公共交通機関を利用する際に多くの困難に直面し、周囲の目線や理解の不足によって、ストレスや不安を感じることがあります。 このような課題に対処するためには、公共交通機関がより包括的な支援を提供する必要があります。   社会全体の責務 今後も、公共交通機関の利用がより多様なニーズに対応するための取り組みが求められますが、心のバリアフリーを実現し、障がい者やその家族が安心して利用できる環境を整備することが、社会全体の責務であるという認識を共有し、改善に取り組むことが重要です。   公共交通機関の課題 2021年3月、国土交通省が主催した「知的・発達障害者等に対する公共交通機関の利用支援に関する検討会」では、知的障がい者や発達障がい者に対する次のような課題が明らかにされました。   公共交通機関の利用支援に関する検討会の課題 不慣れな環境での当事者の困りごと:「できない、わからない、一人では不安」 当事者に対する事業所の困りごと:「対応の仕方が分からない」 周囲の方々の困りごと:「知的・発達障がい者の特性に対し、理解が進んでいない」 当事者が直面する問題として、切符購入や改札入場、ホームや車内のルールが理解できず混乱することが挙げられます。実際の声からも、その課題が明らかになっています。 利用体験実施マニュアルの作成 これらの課題に対処するために、国土交通省は「公共交通機関の利用体験実施マニュアル(案)」を作成し、利用者の体験を通して公共交通機関の利用促進を図っています。このマニュアルは、利用者が公共交通機関全体を理解するためのサポートを提供するものです。支援者は、常に危険性を認識し、支援対象者の特性を踏まえた関わり方について理解を深める必要があります。   事業者向けのコミュニケーションハンドブック 一方で、事業者が障がい者の特性を理解しにくいという問題も指摘されています。このため、国土交通省は事業者や一般向けに「発達障害、知的障害、精神障害のある方とのコミュニケーションハンドブック」を作成し、配布しています。このハンドブックには、障がいの特性、対応の基本、実際のトラブル場面での対応などが記載されており、分かりやすくまとめられています。   利用者と事業者の理解を促進する取り組み これらの取り組みを通じて、利用者と事業者の理解を促進し、公共交通機関の利用支援を強化することが期待されます。特に、事業者が障がい者のニーズに適切に対応するためには、障がい者とのコミュニケーションにおける理解を深めることが不可欠です。この取り組みが、より包括的で包摂的な社会の実現に向けて一歩前進することを期待しています。   緊急時の対応と臨機応変なサポート 「発達障害、知的障害、精神障害のある方とのコミュニケーションハンドブック」では、緊急時の対応や臨機応変なサポートの重要性が強調されています。具体的な状況としては以下のような場面が挙げられています。 急に奇声を発し、走り回ったりしている人がいる。 自分の興味のある他人の物や公共物に触り、トラブルになる。 困っていることを説明できず、モジモジしてウロウロとしている。 フラフラ、ぼんやりしていて、人にぶつかっている。 パニックになっている。 こうした場面に遭遇した際には、「笑顔でゆっくり、短く、具体的に優しい口調で話しかける」ことが求められます。   緊急時の対応 特に、バスや電車が遅れているなどの状況下では、障がい者が状況を理解することが難しい場合があります。このような状況では、臨機応変な対応が求められます。特に、パニックになっている障がい者に対しては、命の危険を感じる場面では危険の回避を最優先に実行し、「落ち着ける環境に誘導する」ことが重要です。具体的には、静かで他人の目を遮る空間が適しています。   安全と理解の両立 緊急時の対応では、障がい者の安全を確保すると同時に、理解と配慮を示すことが重要です。そのためには、支援者や関係者が障がい者の特性や個々のニーズを理解し、適切な対応を行うことが不可欠です。さらに、周囲の理解と協力も必要であり、安全で包括的な支援体制の構築が求められます。   声のかけ方とコミュニケーション 障がい者とのコミュニケーションにおいて、声のかけ方は非常に重要です。ここでは、「声かけ変換表」からいくつかの例を抜粋してみます。 「早くしてください」 → 「あと何分かかりますか?」 「静かにしてください」 → 「声を『これくらいの大きさ』にしてもらえますか?」 「走ってはいけません」 → 「歩きましょうか」 これらの例からもわかるように、否定的な言葉を使わずに、具体的な行動を示すことが大切です。説得や危険回避の場面では、興奮や大声はパニックを助長する可能性があるため、ゆっくりと落ち着いて話すことが重要です。   周囲の理解の重要性 このようなコミュニケーションのポイントを理解するためには、周囲の理解が極めて重要です。児童発達支援の現場で保育士として働くトミさん(仮名)は、バスの遅れがパニックを引き起こすことについて次のように述べています。「バスが遅れると、理由が分からずパニックになります。違う時間にバスが来ると、自分が乗るバスと別だと認識し乗れません。その時の関わり方、知らせ方が課題です」 周囲の理解がなければ、障がい者が安心して行動することが難しくなります。そのため、興味本位で集まったり、目線を向けたりすることを控え、障がい者が落ち着ける空間や時間、雰囲気づくりに協力することが重要です。   ハンドブックの効果と認知度 こうしたコミュニケーションの手法を理解し、実践するために、国土交通省が作成した「発達障害、知的障害、精神障害のある方とのコミュニケーションハンドブック」は効果的なツールとなっています。しかしながら、その認知度はどの程度であるかについては調査が必要です。 駅・バス停での対策:認知度向上と配慮の必要性 現在の駅やバス停における対策は、まだまだ改善の余地があります。実際、当事者の支援者36人にハンドブックの認知度を尋ねたところ、36人中5人しか知らなかったという結果が示されました。   ハンドブックとヘルプマークの認知度 ハンドブックにはヘルプマークも紹介されていますが、その認知度も不十分です。精神障がい者施設を運営するスタッフが目撃した、「ヘルプマークなどはあるが、周りの人の認識が不明で、つい先日もぶつかって転んでしまった」というような事故が起こっています。   必要な対策と配慮 駅やバス停では、ポスターの設置や心のバリアフリー席の設置など、公共交通機関が積極的に配慮すべき課題があります。当事者やその家族が心労を感じることなく、安心して移動できる環境を提供することが重要です。   まとめ 社会全体が、当事者やその家族のニーズに配慮し、心のバリアフリーを実現するために協力する必要があります。心のバリアフリーを実現するためには、単なる施策だけでなく、社会全体の意識改革や教育も必要です。当たり前のように配慮し、理解し合う社会の実現に向けて、一歩一歩前進していくことが重要です。   参考 「叫ぶ、走り回る、飛び跳ねる」 公共交通機関の“障がい者”に向けられる冷たい視線! 今必要なのは、迅速な支援・啓発である(Merkmal)

みんなの障がいへ掲載希望の⽅

みんなの障がいについて、詳しく知りたい方は、
まずはお気軽に資料請求・ご連絡ください。

施設掲載に関するご案内