共生社会の実現とは?具体的に何をする?私たちにできることは

共生社会の実現とは?具体的に何をする?私たちにできることは

パラリンピックが掲げる「共生社会」の実現。共生社会とは何か、パラリンピックとの関係性を知っていますか?

「共生社会の実現」や、パラリンピックと共生社会の関係性、共生社会のために一人ひとりができることをご紹介します。

 

共生社会とは?

共生社会とは、性別、年齢や障がいなど、人それぞれの違いを自然に受け入れ、支えあい、互いに認めあう社会のこと。障がいのある人が受けてきた差別や虐待、隔離、特別なものとして見られるといった行為は、共生社会ではあってはいけません。

障がいがある人も基本的な人権をもっていると認め、「障がいだからできない」という状況をなくすことが、共生社会の考え方です。

 

パラリンピックと共生社会の関係性

パラリンピックでは「共生社会の実現」がよく訴えられていますね。共生社会とパラリンピックの関係性とはなんでしょうか。

まず大きな関係性は、パラリンピックのルールやスポーツの在り方です。たとえばオリンピックでは、選手が平等に競えるように、競技のルールが変更されます。選手たちはそのルールに合わせて、道具を変えたり、練習の実施方法を変えたりします。選手がルールに合わせるというカタチですね。

しかしパラリンピックでは、障がいに応じて用具の改良などが認められており、選手にルールや用具が合わせるカタチ。

選手にスポーツ側が合わせるカタチは、だれでもスポーツに参加しやすくなったり、健常者と障がい者が一緒にスポーツをおこなえるようにできます。

特にパラスポーツ独自競技のボッチャは、年齢、性別、運動能力、障がいの有無に関わらず、だれでも同じように競うことができます。そのため、社内研修や一般的なスポーツイベントにもボッチャが広まりつつあります。

おすすめ記事⇒パラリンピック独自の競技!ボッチャとは?試合方法・見どころ

 

「障がいだからできない」ことがなく、一人ひとりに合わせるという特徴が、パラリンピックと共生社会の重要な共通点です。

 

共生社会の実現とは

「共生社会の実現を目指す」という意見をよく情報媒体で見られるかもしれません。しかし、具体的にはどうしたらいいのか、どのようにすれば「実現」というのか、わかりませんね。

「障がいだからできない」ことがなくなり、だれでも等しく生活できる社会は、「環境のバリアフリー」と「心のバリアフリー」をおこなうことで実現します。

 

環境のバリアフリー

環境のバリアとは、以下の3つのことを指します。

 

①物理的なバリア・・・狭い通路や段差など車いすだと通りにくいことなど

②制度のバリア・・・障がいがあるから特定の資格や免許を取得できないなど

③文化や情報面のバリア・・・点字や手話がない講演会、音声だけのアナウンスなど

 

環境のバリアフリーを実現するには、国や店舗、イベントの主催側が積極的に動く必要があります。

物理的なバリアフリーでは、1日平均3千人以上が利用する鉄道やバスなどでエレベーターやスロープの整備が重点的にすすめられ、2020年3月には全国約3600か所の鉄道駅のうち約92%に、車いすの移動を妨げる段差が取り除かれました。

さらにスマートフォンのGPS機能を使って、車いす使用者にバリアフリー状況を提供するアプリも登場しています。

 

制度や文化面などのバリアフリーでは、「インクルーシブ教育」が注目を集めています。

これまで特別支援級など、障がい者と健常者の子どもには教育に隔たりがありましたが、障がいのある子もない子も同じ場で学ぶことを「インクルーシブ教育」といいます。

子どものときから多様性にたいする感覚を学ぶことは、共生社会の実現においても重要です。

 

心のバリアフリー

「環境のバリアフリー」と同じぐらいに欠かせないのが「心のバリアフリー」です。

社会にはさまざまな人がいて、それぞれが「心のバリア」をもっています。心のバリアをなくすには、すべての人が積極的に互いを理解し、助け合う姿勢が求められます。

自分とはちがう体や心の特性、考え方をもつ人を一人ひとりが認め、お互いを分かり合うために話をしたり支え合ったりすることが「心のバリアフリー」です。

心のバリアフリーで重要なポイントは以下の3つです。

 

①環境や心のバリアを取り除くのは、社会の責任であると理解すること

②障がい者を差別しない

③自分とはちがう状況にある人ともコミュニケーションできる力を身につけることや、困り事や苦しみを理解する心をもつこと

 

 

共生社会のために1人ひとりができること

共生社会のために一人ひとりが具体的にできることは、「心のバリアフリー」です。

すべての人が「心のバリアフリー」の意識をもって生活することで、共生社会の実現に近づきます。

それでは、心のバリアフリーを実現する具体的な行動を見ていきましょう。

 

障がいの理解

障がいについて知らないだけで、自分とはちがう体や行動に、理解できないと怒ったりしてしまうことがあります。

たとえば、障がい者のなかには細かな動作や読み書きができず、レジでの支払いに時間がかかる場合があります。障がいについて理解がないと、動作が遅いと腹が立つかもしれません。

しかしそれぞれに障がいに理解があれば、店員さんは、その人に合ったコミュニケーション方法ができます。障がい者の方も落ち着いて対応できるでしょう。後ろで待つ人も心の余裕が生まれます。そのため、一人ひとりが障がいを理解することが大切です。障がいについて知識を深めたり、障がいにたいして心の余裕をもつようにしましょう。

 

バリアフリー設備の意味や目的を理解する

多目的トイレや点字ブロックなどは、それを必要とする人のためにあります。自分には関係ないからといって、優先して使用したり、点字ブロックの上に物を置いたりしていませんか?

環境のバリアフリーをなくすためにあるものを理解して、必要なひとが気持ちよく使えるように配慮しましょう。

 

困っていそうな場面を見かけたら手伝う

道路の舗装、案内板の表示など、環境のバリアフリーはまだ完璧ではありません。障がい者もみんなと同じように安心して生活するには、人の助け(心のバリアフリー)が必要です。障がい者の方が困っている様子であれば、声をかけて手伝いましょう。

 

商品やサービスを提供するときは障がいのある利用者にも配慮を

商品やサービスを提供するときは、障がいのある利用者も使いやすいかどうかをイメージしましょう。だれでも利用できるようにするためにどんな配慮が必要なのか、意見を求めることが大切です。

 

障がいがあるからと決めつけない

障がいといっても多種多様です。障がいの程度や特徴によって、できることとできないことがあります。また、適切な支援があればできるようになることもあります。障がいがあるからと決めつけず、その人自身の個性や能力を活かす方法を考えましょう。

 

まとめ

共生社会の実現を目指すためには、環境のバリアフリーと心のバリアフリーが必要です。障がいや、障がい者の困り事への理解を深めたり、手助けをしたりするなど、一人ひとりが具体的に行動を起こすことで、共生社会は実現します。

 

 

<<参考>>

 

共生社会の実現のために―内閣府

共生社会の実現に向けて 「心のバリアフリー」の基礎知識と取り組みの具体的事例

みんなで共生社会を目指すために 1 私たちが目指す共生社会

共生社会に向けた「インクルーシブ教育」って?

共生社会の形成に向けて:朝日新聞デジタル

「共生社会」へ、日本は変われるか :東京パラリンピック

パラスポーツから広がる共生社会 | TEAM BEYOND | TOKYO パラスポーツプロジェクト公式サイト

共生社会とは 障害・人種・性別、違い肯定: 日本経済新聞

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tokyo2020_suishin_honbu/udsuisin/pdf/kyo09.pdf