障がい者に人気のスキルと目指せる職業

がい者に人気のスキル

専門的なスキルをもっていると、就職活動に有利です。

以下のようなスキルが人気となっています。

パソコンスキル

どの業種・職種でも仕事に役立つスキルは、パソコンスキルです。

パソコンスキルの資格では「MOS」がよく知られています。

MOS(Microsoft Office Specialist)は、ワードやエクセル、パワーポイントなど、多くのパソコンにインストールされているオフィス系ソフトの操作スキルを評価するものです。

事務職全般に役立ちますし、事務職以外でもパソコンにさわる機会はあります。さまざまな職業に役立つので、人気のスキルとなっています。

 web・IT系スキル

IT関連やwebデザインなどのスキルを身につけると、ITやweb関連の仕事に就ける可能性があります。

IT・web系の仕事は在宅勤務も比較的できるため、通勤などにストレスを感じたり、対人関係に悩みやすかったりする方に、人気のスキルとなっています。

 

 

がい者が目指せる職業

障がい者が目指せる職業はたくさんありますが、とくに障がい者に人気の職業を一部ご紹介します。

 事務職

事務職は営業職や接客業ほどコミュニケーションスキルが必要ではなく、黙々と作業する時間が比較的長いので、目指せる職業としておすすめです。

またMOS資格や簿記資格など身につけたスキルを十分に生かすことができます。

webデザイナー

webデザイナーは、顧客の要望に合わせてwebサイトのデザインを作成する職業です。

webデザイナーとして仕事をしたいなら、「ウェブデザイン技能検定」を取得しましょう。ウェブデザイン検定は3級~1級まであります。

またwebデザイナーは顧客がつくようになると、企業勤めから「独立」をえらべるので、人気となっています。

 プログラマー:システムエンジニア

プログラマーやシステムエンジニアなどweb関係の職業も、障がい者が目指せる職業です。

プログラミングは、正しい操作をしないと希望通りに動きません。「正解」がわかりやすいので、混乱することなく、技術を高めていくことができます。

プログラマーやシステムエンジニアも「独立」をえらべたり、在宅勤務もしやすくなっているので、人気の職業です。

プログラマーやシステムエンジニアを目指すには、「基本情報技術者」という国家資格をとることをおすすめします。

試験の難易度がとても高いので、この資格をもつと高度なスキルをアピールできます。

がい者能力開発校でさまざまなスキルが身につく

このほか、クリーニングや介護、経理やアパレル関係など、障がい者が目指せる職業はたくさんあります。就労移行支援事業所や障がい者職業能力開発校では、さまざまなスキルを身につけることができます。

人気の職業をえらぶのもおすすめですが、自分が興味あるものや好きな職業のほうが技術を高めていけるでしょう。

このような福祉施設を利用して、自分が興味あるもの、好きなものを見つけることが一番です。